月読みの森

夏目友人帳 陸 6話

今日は夏目が見えると知らない二人の友人の話
一人は……お節介な人v
でも優しい
転向してきた夏目に、最初に声をかけた人で
夏目の特別になったよv
そんで、知らないうちに、助けられているとv
そんで
いまも仲良しv
も一人は、とーちゃんが病気で
進路を悩んでいる、と
なんか
もやもやとくろいものがくるんだけど
夏目が素直に、
ここが好きだと
ずっといたいといい
彼も
考えてみるとさv
いいねぇv
優しいやつめとその友人達v
   拍手する
別窓 | 夏目感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

夏目友人帳 陸 5話

前回からの続きで
元式がいろいろとやっとると
んで
そのうちの一人と夏目が話をしようとする

当主が帰ってきちゃった………
でも見えない
んで
かいじゅの儀を執り行えばよいとか
うん
外にいるのは、入りたくて入りたくて
役に立ちたくて
呪いをして、それを返すから
そばにいさせて欲しいと
でも
当主には……見えなくて
夏目が
かいじゅします
ちっと倒れちゃうけどね
そんで
一人は居残り…しぬまでいるってさ
んで
名取りと夏目は帰るのだが
……
名取
夏目の持ってる何かを調べようとする
うん
どうするんだろうねぇv
   拍手する
別窓 | 夏目感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

夏目友人帳 陸 4話

………ぼんぼん時計がなるとこにいるのは……だれ?????
で、ナツメは……しゅういちさんの映画を見ているねv
そして思うのかなv憎んでいるのかなと…妖怪のことを、とv
んで帰り……誰かを?感じるのかねv
したら、名取さんの式があり、桜洗塚で14時ってのを見て、行ってみたv
違うと思っていたら…女の子が来て傘をどうぞとさ
なんか気持ち悪いとね
あら、あの家ねv
したら、何かが落ちた音かな
ちゅーことで、なにか、様子を見に行くことにv
したら、顔のある石だったりして
したらば、風で落ちて、名取さんに助けられたのですなv
って、おじょうさんのお父さんは見えていたのですが、廃業したんだってさ
で、おじょうさんは…妖怪のことだとかどうか訊きたかったらしい
したらば、悪意のある妖怪が入り込んでいるとかv

相談に乗ってもらうと言うことになるのだが
夏目は…ちっと悩むね
だけど、
ともにいると言うことにしたねv
でも悩む悩むv
あ、そこで……おばーさん…お手伝いさんが?
って、あれれん、あれは…………妖怪ですかv
あららん……妖怪さんは……ナニしようとしてるのかな
で、もv名取さんは……知ってるけど訊かないとさvいい人だ
ていうか、優しいから話してはならないとさv
で、
つきこさんは何かを知ってるらしくて…お父さんが頭を抱えて「帰ってくれ」とさ
ついでに、式はどうしたのかなと
あ、あのおばあさんは…式だねv
音がしたので、探ってみたとv
おばーさんは…家族の一員みたいだとさv
って、しっかりと拐かされとるねv
なつめv
   拍手する
別窓 | 夏目感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

夏目友人帳 陸 3話

今回は、前にあやかしと恋した男v
柴田から電話があって、
今度会おうとv
約束があるからと言ったら、強引にそいつともとv
で当日いろいろと言いつつも…田沼も夏目も迎えに行き……しゃべる
その中で人形の家というのがあり、見に行ったら……
なんかと目が合ったらしい

公園で話してる間に…トイレに立った柴田…をよそに
なんかと目が合ったとv話していたら……訊かれちゃったよv

迎え撃つのは寺でと言えば、……柴田もついてくるとか

食事を一緒に作って……孤独の人形版の話をすると
それだと夏目v

しっかりと追いかけてきて
襲われるねぇv
でも
夏目と
にゃんこ先生のおかげで事なきをえるとv
そして
後日柴田とお話v
見えるのもいいことばかりじゃないんだなと

そこでにゃんこ先生が…しゃべっちゃ田v
   拍手する
別窓 | 夏目感想 | コメント:0 | トラックバック:1 | ∧top | under∨

夏目友人帳 陸 2話

今回は、よいあやかしさんの話
買い物帰り
岩に華が書いてあるのを見た夏目だが
盗古参が見られなかったことで見間違いとごまかし
友達と河原へ釣りに行った際も…花をみて、さくっともどったらしい


犬の会の面々がきて…いしあらいってのが来てるらしいと騒いでいたらしい
んで翌朝…その話を…田沼とたきにしたら喜んでくれたらしいv
それに、夏目いいなぁとさv
で、花は消えるらしいねぇv
で、それを話していたら…おじさんに…いしあらいさまに脅かされたらしいv
で、ななまきさんっと
名乗り、…頼みをとかいわれ
強引に頼みを引き受けることv
弟子を探して欲しいとのこと
で、夏目は中級とかひのえに…恩を売っておくのもいいかもと…頼んでますな
それは、痩せ細ったあやかしと自分を重ね合わせたかららしい
あ、そんで、ちっと夢をみたらしい
したら、犬の会が夜中に見つけたときたよ
したら、みすずとちょびもいた
で、
見た者がいうには……祓い屋に封じられたらしい
で、おんぶして…いくっと
それに、弟子のことを思い出すとv
で、見つけて封印を解いたら……もういない

どこにいるかと言えば、あのときの河原
封じられて、自身が汚れて……いしあらいではなくなったらしい
でも
師匠は一緒に旅しようとv
んで………
旅だっていったと
ソレを見送った夏目は……二人を思うと
   拍手する
別窓 | 夏目感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 月読みの森 | NEXT