月読みの森

青の祓魔師 京都不浄王篇 10話

おv胞子が破裂したv
そんで
心臓が見えたっとv
本体ねv
あ、そんで瘴気がきつすぎて……結界の外に退避しようとしたところで…本体を見つけちゃったよん
でも、一応避難とv
あ、藤堂の方は…………じゅうぞうたちがv
んで戦うけど……
あらららっらん…敵ではないと…………
でも…ゆきおが考えたことで…憑依対の限界が来て……
ハイになり……雨に溶けて……いっちゃったとv
でも……藤堂は……まだまだってさ
しまとこねこまるはしゅらさん……とこへ行き、……しゅらさんはりんたちのもとへv
しえみちゃんもたたかっとる
あ、ぼんもだねぇv
んで……結界は…15ふんそこそこやて
くろもいくけど
そこにいっても…刀は抜けなくて
焦るりん
だけど……逃げろというぼんに
タワーの話して……
がくがくやけど………
ボンに力与えて
友達やとさ
で、時間をとったよv
んで
りん…刀をぬくっとv
そして青い火で不浄王を……焼き尽くし……?
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 月読みの森 |