月読みの森

鬼平 12話

まずは出産
奥様が出産だけど
……死産で
本人も死んじゃったと
それから
旦那さんはいつ死んでもいいとか思い詰め、道場でもどんどんうちこんでいくとv
たつぞうくんはそれをふえぇーといやがりますが
てっちゃんと奥様はそれを気にかける

そんなある日
奥さんと子供の命日に、身投げ親子を救い
五鉄へと
したらばなんと、彼が捕らえた盗人の女房子供だってさv

同心さん…小柳さんですな…そいつのとこへ行き…会いたいかといい
会ったら逃げた相棒をということで、外へ
したら
逃げた!
だけど……小柳さんは火盗に戻り……取り調べを受けて入牢
そのまま音沙汰なしに半年過ぎたあたりで…盗人さんが相棒をとっ捕まえて戻ってきたv
うん鬼平さんにはわかっていたのですな

小柳さんは即お役目に戻るとv
そのときのせりふがいいねぇv
「やってもいいが、腹切る覚悟をもってしろ」
「つきあってやる」
うふv
ちっと省いたとこはあるけどv
いいお話でしたv
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 月読みの森 |