月読みの森

時間の支配者 3,4話

つーことで、組織の本拠へ行くとv
したらば……かっるいにーちゃんがでてきたよんv
んで
とーちゃんを犠牲にして………解決するとさんで
トーぜん逃げ出していくのねv
で、ミーナさん…も、追いかけるvっとv
あら、びくとはもどったねぇv虎穴に入らずんば虎児をえずとゆーことでv
あら、ん、残ったー.息子さんのとこへ変なのが来たv
そして戦いますとさv
………のうきんさんですな
ミーナは……ダーリンを探すと
で、びくは……塔へv
で、探すのだけど、…読めんv
そこへ赤髪の女性が来て久しぶりだってさv
でも知らんとさv
で、説明するのだけど
女性が……神??????

つーことで、彼女は………クロノスの末裔だってさv
しっかも首領で
ユニークを返せとさv
で、
女性に体を支配されているっとv
で、
減速されて………加速してますが
心臓貫いてるねぇv
ってとこで、500年前の海藻?????????
っっって、ミーナは……クロノスの末裔なのねv
彼女の姉なのね…で、人間にほだされるなとさv
で、戦うのね
で、……霧もいやな予感とかv
だけど……炎のにーちゃんに足止めされるっとv
ミーナも足止めされるけど……ダーリンのためにってとこで
びくが動くとv…急所は外れたみたいだってさ
…てあら、……霧とそっくりだねぇvってことで認める
って…おねーさん、修復したのねv12年前の情報の対価だってさv
だけど……戦いはこれからだってさv
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 月読みの森 |