月読みの森

ええええええええっと

お知らせ?かな?
いや、ちょっっっっっっと鰤にはまりまして
一応一護うけ
で、相手はお兄様か冬獅郎くん
んで、勢いでお話しとも言えない者を書いてしまった汗
初鰤です
ちょいっとのせてみたりしてv
で、反応欲しい。
くすんくすん
   拍手する
すき、だよv



藍染たちのことも片付いて。
 なんと親父が死に神だったことが分かって。
 とりあえずは平和になったとき。
 気づいちまったんだ。
 あいつのこと、好きだ、って。
 認めるのは、簡単だったけど、やっぱりちょっと悩んだ。
 だって、人間(…はーふ????)と死に神ってのは、時間が解決してくれるとは思う。死んだら、俺、死に神になるんだから(多分)。
 だから、それはいいんだ。いつか(何十年も後だろうけど)は、同じ立場(…かなぁ)になれるんだから。
 問題は俺は男で、…あいつも男って事。
 そう。
 俺が好きになったのは、死に神で。
 隊長で。
 男…なんだ。
 絶対あいつ、女の子の方がいい、よなぁ。だってあいつかっこいいし、男気アルし、絶対もてると思う。
 なら、こんな思い…迷惑だよなぁ。
 そう思ったら、何か胸が痛い。
 けど、あいつの迷惑にはなりたくないから、告白なんて、しない…つか、できん!
 いや、よく当たって砕けろっていうけどさぁ…今の関係まで壊れるの、いやだもん。だってそれで死に神になったときに会えなくなるの、嫌だし。
 だから、黙ってる。
 でも。
 会うのは、ちょっとつらい…。いや、会いたいんだ。でも、あいつが誰かと仲良く話してたりすると…、胸がちくちくする。それに、いつかは誰かと一緒になるんだろう? そんなのは、見たくなかった。
 そんなとき。
 山本のじいさんから、現世に専念してはどうかって言われて…そうだな、って思った。
 元々、今の形がちょっと歪なのだから。
 元々の形に戻すのも、いいかもしれない。
 現世で過ごして…死んだら来よう。
 …その頃には、この思いも、落ち着いてるだろうし。
 で、死に神代行をやめることを皆に伝えて……。
 寂しくなるなって…宴会開いて貰って。
 うん。みんな、さぁ、こっち来たら自分の隊にこいって言ってくれた。まぁ、4番隊は無理だろうし、11番隊は絶対やだけど、嬉しかった。
 だって、あいつも言ってくれたしv ま、乱菊さんに言われて、だけど、あいつは嫌なことは嫌って言うし、嫌いじゃないってことなんだよなv
 だから。
 うん。
 だれにも言わないけど、お前のトコ、行くよ。
 で、さぁ。
 仕事だけでも一緒にいたい…よ。

 そんで、俺は、普通に、戻った。




2へ




別窓 | 呟き+ss | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<ってことで | 月読みの森 | 黒執事Ⅱ(単執事)>>

この記事のコメント

はまってくれて嬉しいです。
いいですよね、一護受け。
冬獅郎×一護とか大好きです。
一護の方が片思いとか、萌えます。
自分では書けないけど、すごく好きなんですよ。
続き楽しみにしています。
2010-07-14 Wed 18:47 | URL | 亜積史恵 #siAuny/2[ 内容変更]
ええv はまりましたv
で、これ以外に、一角×弓親も読んでみたいかなぁ…とかv

ルルは幸せにしちゃうけど、これは、…片思いでも、いいか、なぁ?
とか思ってみたりしてます。
一護受け、お好きなら、明日もv
2010-07-14 Wed 21:24 | URL | 炎 #-[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |