月読みの森

昨日から

七時おきv
一時間遅く起きられるのは、嬉しいv
で、八時過ぎにいけばよいv
…と、おもふ
マ、仕事が休みじゃないから、ねv
休みは五日間
とりあえずお盆の頃に取った
あとは、適当に休むさ

んで、
久々のぎあちゃんv
   拍手する
なぜ?


 ある日ある時、騎士団のアジトのラウンジで。
 騎士団の幹部と新たな参入者がお互いの情報を交換する意味も込めて語り合っていた時。
 四聖剣の一人である朝比奈省吾は、視線を感じてそちらを見た。
 と。
「おまえ、何でここにいる?」
 いつの間に現れたのか、緑の髪の人物が、唐突にそんな言葉を発した。
 それを宣ったのは、天上天下唯我独尊…ゼロの共犯者こと、C.C.だったのだが。
 朝比奈は、彼女のことを知らなかった。
 否、そんな容姿の女性がいることは知ってはいたが、立場とか何やらはそれほど深くは知らなかった。
 また問われたのがあまりにも唐突であったためと、何となく不機嫌そうではあるというのは分かるが、何の意図を持って問うているのかがまーーーーったく分からなかったが故に。
「…はい?」
 とてつもなく間抜けな返事が返されたりした。
 だが。
「ほう、分からない、と…そう言うのだな?」
 C.C.としては、その返事…というか、朝比奈が質問の意図を理解しなかったことが気にくわなかったと見え、元々不機嫌であったのが、さらに不機嫌になった。
 そして、少し失望を見せつつ、
「仕方がない、もう一度聞いてやる。
 なぜ、
 おまえは、
 “ここ”に、いるんだ?」
もう一度問いかけた。
 ここ、と言うところを強調して。
「あー。なんで、それ、あんたに言わなきゃならないのかなぁ?」
 それに、ちょっと不機嫌なフリをしながら、そう聞いた。
 …心の中ではその問いについて、考えていた。なぜソレを聞くのか、と。様々なパターンをシミュレートしながら。
 そんな朝比奈に少しは何かを感じたのか、ふんと鼻を鳴らして、
「私がC.C.で、お前が朝比奈省吾だからだ」
そう宣った。
「へ?」
(えと、俺が、朝比奈だから? まぁ、ソレはそうだろうけど…もっと深い意味、ある、はず、だよね? それに、C.C.だからって、どゆことだ?)
 あまりにも少ない言葉に、さすがの朝比奈も間抜けな声を出すだけだったりした。
 だが、考えようとしている朝比奈を見て、
「ふん、やはり馬鹿ではないようだな」
と、そんなことを言った。
 それに。
「えと、C.C.って、俺のこと、知ってるの?」
 朝比奈は怒ることなく、そんなことを言った。
 言い回しがものすごく傲岸ではあるが、そうとしか思えなかったから。となれば、まさかとは思うけど、軍関係とか? とひっしで思考をフル回転していたら。
「さすがに、あいつが懐くだけはあるな」
 笑顔でそう宣ったりしたv
 その瞬間。
 朝比奈は、C.C.に対して、擬態をやめた。
 あいつという言葉に、C.C.が朝比奈を知っていることを確信し、ついでに、あいつというのがあの子である可能性を見いだしたから。
 だって、それ以外に考えられない。
 だから素を出し、C.C.限定で殺気すら迸らせて睨み付けた。
 そして、
「…どーゆー関係って、聞いて、いいのかな?」
と、そう問うた。
 敵ならば、どんな手段を執ってでも排除するとの想いを込めて。
 だが。
「ソレでこそ、“朝比奈省吾”だ♪」
 C.C.は、それを笑った。
 嘲笑ではなく、心の底から、それが嬉しいことであると言うかのように。
 そしてそれだけを言うと、来たときと同様、止める間もなく、またすぃとラウンジから出て行った。
 最後に振り返り、何かを呟いて。
 あまりの早業に、何もリアクションをとれない面々(朝比奈含む)を取り残して。
 彼らにできたのは、ただソレを見送ることだけ。

 そして。
 騎士団の面々は、まぁ、あの女だからと、それを流した。
 
 けれど。
 朝比奈省吾はただC.C.の出て行った扉を睨み付けていた。
 彼女の去り際の呟きを、読心術で読み取ったが故に。

「お前は、どの道を行く? “朝比奈省吾”?」

 それは、始まり。
 過去と現在が交わり、未来へと続く道の。
 そして。 



次へv



…とりあえず、しりーず3の流れかなぁ
日本が独立する前の、話。
つまりは騎士団の時ね。
なんで、朝比奈だけが知ってるかとか
そんなばれ?

だと、思う








別窓 | 呟き+ss | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<今日は | 月読みの森 | 黒執事Ⅱ3話(女郎執事)>>

この記事のコメント

こちらでは初めまして、でしょうか?
URUと申します。

朝比奈さんの擬態解除に思わず興奮して書き込みしてしまいました。
頭の回転が早くてルルの事だと即座に危険因子廃除システムが作動する朝比奈さんが大好きです!
普段のへらりとした擬態から殺気すら出す素のカッコイイ感じに切り替わった彼に思わずときめいてしまいました!
ルルが大切な朝比奈さんが大好きです!
この後ルルの為に朝比奈さんがどんな行動に出てくれるのか、更新とても楽しみにしてます。
2010-07-25 Sun 09:07 | URL | URU #-[ 内容変更]
どうもこんにちはv
朝比奈さんに反応してくださったそうで、嬉しい限りです。
やはり朝比奈さんは、ルル至上でかっこよくなくては…と思い、書いてみました。
ルルのために朝比奈さんがどうするか、
頑張ってかいていきます。
楽しんでいただければ、幸いですv
2010-07-25 Sun 19:58 | URL | 炎 #-[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |