月読みの森

きょうは

というか、今日も出張v
…でも、ダンナは「外出」という。
いや、そりゃ、家からバイクで二十分くらいだけどさぁ。
職場も同じ市内にあるんだから、いーじゃん「出張」でv
で、昨日も行ったのさv
さてと
今日は何するのかなv


夜には、パトロールがある
癒しを求めてはいけないかな?
   拍手する
逆鱗に触れたのね?


「なぁ、ルルーシュぅ、お前、どしたんだよ?」
 ある日ある時、生徒会室で。
 とりあえず本日の生徒会の仕事を終わらせ、ほっと一息ついている時、生徒会メンバーの一人でもあるリヴァルは、お茶を飲みながら、麗しの生徒会副会長様にそうきいた。
 やっぱり気になったので。
 けれど。
「なにがだ?」
 返ってきたのは、そんな返事。
 …ほんっっとーに分からないのか、分かっててとぼけているのかは、リヴァルには理解不能。
 ので。
「だーからー、スザクのことだよ」
 直球勝負で行くことにした。
 幸い、現在生徒会室にいるのは、自分と相手だけ。(会長は理事長に呼び出され中で、シャーリーは水泳部。ニーナは論文書き、スザクは軍務、カレンは病休v)話しやすいのではないだろうかと思ってのことだったのだが。
「なにが?」
 こてんと、ほんとに分かりませんとの表情で、宣ってくださった。
 いや、まぁ、コー言う性格だとは知っていたんですが…とは、心の声。
 でも、ここは突っ込む場面だと思っていたりした。
 いや…本音を言えば、鬱陶しいから、だったりするのだが。
 なにせ、犬属性の某イレブンさんは、話しかけて無視されては落ち込み。笑ってくれないと落ち込んでくれて。ぐーつぐつと煮詰まっているのが、傍から見てて分かるのだ。
 このまま放っておいたら、なんか犯罪とかしでかしそうで。
 さすがに仲間を犯罪者にはしたくないと、立ち上がったのだ。
 ので。
「いや、だって、この頃、お前スザクのこと無視してるじゃないか」
 そう言ったのだが。
「…それが?」
 返されたのが、これ。
 ソレが、いったいどうしたんだとばかりの、それこそ、なんでソレをお前が気にするんだとばかりの物言いに、さすがのリヴァルも言葉に詰まる。
 それでも、
「…えと、それ、なんでなのかなーって…思ったんですけど」
なんとか言葉を絞り出しては見たのだが。
「何を当たり前のことを聞くんだ?」
 ますます謎な答えが返された。
 とはいえ、ここ挫けては、犯罪者が出る!
 ということで、とりあえず情報を整理しつつ、分析なぞしてみた。
「だって、親友、だろ?」
「ああ、そうだったな」
 え? だった…? 過去形ですか?
「嫌いに、なったとか?」
「? 何で関係のない人間を嫌いになるんだ?」
 …あらら、もはや知り合いですらないんですね?
 そこまでで、リヴァルはルルーシュが怒っていることに気がついた。そしてついでに、スザクが何らかのルルーシュの逆鱗に触れたと言うことも。
 だが、スザクとてその辺のことは分かっていたはず。
 だから、ナナリーちゃんには何もしてなかったはずだと思いながら、
「えーと、なんか、したのかな?」
そう尋ねたら。

 にーーーーーーーこりv

 ほんっっっっとうに、天使の笑みもかくやという微笑みを返された。…絶対零度の気温というオプション付きで(汗)
 それに、リヴァルは唐突に気づいた。
 これと同じ笑みを見たことがある、と。
 そう、それは…。
 ルルーシュがスザクを無視し始めた日。
 その日は、たまたま皆がいて。
 スザクはいつものゼロ&黒の騎士団の糾弾大会を仕事もせずにやっていた。
 まぁ、ソレはいつものことで。皆も、勿論ルルーシュも適当に聞き流していたのだ…が。
 スザクの弁論大会の最中に、いきなりルルーシュがあの冷たい笑みを見せたのだ。…ほんの、一瞬。
 その後から、だっただろうか? ルルーシュが今の態度を取り始めたのは?
 何か、その時にルルーシュの逆鱗に触れる事があったというのだろうか? それで、スザクは切り捨てられた?
 ならば。
「えーとー拾う気とかは…」
 一縷の望みをかけて、そう聞いてみた。
 根は取っても優しいルルーシュだから。
 が。
「なぜ?」
 本当に不思議そうにそう言われ、
「…はい、すいません」
 そう言うしかなかった。
 だって、とリヴァルは思う。もしもその話題をこれ以上続けるのなら、お前も同類と見なすと目が言っていたんだからと。
 リヴァルは、悪友であることを続けたかった。
だから。
(すまん、スザク、成仏してくれ)
 と、そう祈るだけにとどめたのだったv





口は災いの元へ



ということで、バカの糾弾v
別窓 | 呟き+ss | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<メジャー18話(らしくねぇ!) | 月読みの森 | ぬらりひょんの孫>>

この記事のコメント

本当にスザクはウルトラウザイですよね。
存在が罪なのは貴様だという感じです。
本編でもルルーシュがスザクを心情的に切り捨てられたら楽だったろうなと思います。
自分のことは色々棚に上げてくれますしね。
スザクがいなければゼロレクなんて考え付かなかっただろうに。
一期は莫迦なだけでしたけど、二期は存在が罪ですよね。
切り捨てられた莫迦がどうなるのか、想像するだけですっとします。
面白かったです。
2010-07-30 Fri 17:45 | URL | 亜積史恵 #siAuny/2[ 内容変更]
ええv
うざいので、書きたくなかったんですが…
これ書かないと、つぎにいけないのでv

そうですよね
勝手なことほざいて
るるがぜーーーーんぶ悪いとして
自分に酔ってるんですねv
と言うことで次はv
2010-07-30 Fri 18:39 | URL | 炎 #-[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |