月読みの森

今日は

自家郵便屋さんになるv
暑中見舞いカードを配りにv
 配ってきましたv
 全部で36枚v
 途中に会う会うv
 でも別のトコの…
 途中でちょいっとくらりと
 あくえりとお茶を買ってグビグビと飲みましたv
 それでほっと一息v
 それとハッシュドポテトを買って塩気を補充v
 元気になって残りを配達v
ついでに生協を受け取りにv
 生協は、さくさくと冷蔵庫&冷凍庫へ放り込みましたv
冷蔵庫に入ってるはずだからv
 しっかり入ってたv
 ありがとうございましたv
そしてついでに癒しをv
   拍手する
口は災いの元v


 それは、日常。
 日常になどしたくはないけれど、いつの間にかそうなってしまった。
 生徒会メンバー全員がそろったときは、スザクの批判が始まると。
 その日も、ソレは始まった。
 とはいえ、いつも同じことを言うので、適当に相槌さえうっておけば、本人満足して終わるのだ。
 その日も、そうする予定だった。
 けれど。
 そう、けれど。

「でも、師匠も師匠だよ。ゼロなんかのトコに行くなんて。しかもそれに従う奴らもそうだよ。あんなテロリストに従って、なんになるっていうんだろ?」

 スザクが…いや、名前を言うのも汚らわしい。
 体力バカが、そんなことを言うまでは。
 師匠…というのは、藤堂の事だな。で、従う奴らというのは、四聖剣のことか? そうなのか?
 ほほぉ
 ゼロの事なら、どんなことを言われようがかまわない。
 そんなことで傷つくほど、柔な心臓ではないからな。
 騎士団のこともそうだ。見解の相違と言えば、そうなんだろうし。
 だが。
 そう、だが!
 あの人のことを悪し様に言うのは、どういう了見だ?
 あの人は、お前なんかより、数百倍、優しいんだぞ?
 頭もいいし、腕も立つし、優しいしv 言うことなしのすばらしい人なんだぞ?
 お前ごときがそんなことを言うなぞ、おこがましいにもほどがあるんじゃないのか?
 そうか。
 お前は俺にケンカを売るんだな?
 いいぞv 買ってやろうじゃないか♪
 友達だと思っていたから、何もしなかったが…。
 そうか。
 あの人を悪く言うお前なんぞ、友達と思っていた自分が恥ずかしい。
 だってあなたは、賛同してくれた。
 約束を守ってくれたv
 なのに、この馬鹿者は、言うに事欠いて、貴方を批判したんですからv 万死に値しますよね?
 そう…だな、カレンも倒したがっていたし、作戦、考えてみるかv
 じゃ、さよならv 
 愚か者v
 自分の言葉に、責任を持てよ?
 お前の大好きな…大事にしている過程に、なv
 で…と、こんな話、いつまでも聞いていたら、耳が腐るな。
「会長、今日は失礼しますよ」
「あら、どしたの?」
「ナナリーとお茶する約束してるんですよv」
「ああ、じゃ、仕事も終わってるようだし、いいわよv」
「では、失礼します。皆も早く帰れよ?」
 まぁ、ナナリーと約束してたのは本当だし。さっさと帰ってナナリーの可愛い声に癒されようv

 そうして、とっっっっても綺麗な絶対零度の笑みをかつての友達に向けて、ルルーシュは帰っていったとさv



次へv


さってとv
とりあえずバカの糾弾だv



別窓 | 呟き+ss | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<ふむ | 月読みの森 | 黒執事Ⅱ5話(狼煙執事)>>

この記事のコメント

スザク莫迦ですね。
余計なこと言いすぎ。
ルルーシュの怒りがどこまでいくのか、次回が凄い楽しみです。
2010-08-05 Thu 16:29 | URL | 亜積史恵 #siAuny/2[ 内容変更]
ということで、切られましたv
バカはv
怒りは頂点まで言ってますよ?
だから、切ったんですものv
ま、ナナちゃんが気に入ってるので、殺しはしませんけど、ねv
2010-08-05 Thu 17:16 | URL | 炎 #-[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |