月読みの森

創立記念日

137歳おめでとーv
ぱちぱちぱちv
ってわけで、(でも弐時間ほど仕事したv
いちおうゆっくり寝ました
で、本屋へ行って、
いなかっこ鱈言う本を買いましたv
で、帰りに北海道のお菓子なんか色色を売ってる見せ(梅田です)で、半額になって他ので、バームクーヘンとチョコを買いましたv
バームクーヘンはすでに切ってあって、結構おいしかったですv
ちょこは、きびちょこv

しかし、一気に寒くなりまして
朝晩は長袖でないとぶるぶるしちゃいますね

いよいよ来週が本番です
子の土日でしっかりと作っちゃいます
皆様も支えてくださいますし

ついでに、そろそろとストックが……
でも投下するのv

昨日のお話はどうでしたでしょうか。
反応とか欲しいかも

くっすん
   拍手する
両雄並び立つとき


2 いちゃいちゃv&権謀術数v


「生きてたんだねぇv」
「はい//////」
 嬉しいと躯全体を使って表現する朝比奈に言葉とともに抱きしめられて、ルルーシュは顔を真っ赤にしていた。…それでも抵抗したりいやがったりしないのは、当たり前と言うことでv
 あの後。
 お互いに合図を送り合い、後日会うことを約束した二人が会ったのだv
 昔からお互いを認め合い、受け入れていた二人が何もないわけもなくv
 抱きしめたり、キスしたりは当たり前だったv(それ以上は、まだ♪ だって、子どもだったんだもん♪ …でも、“B”はしてたりしてv)
「で、どうしてたの?」
「アッシュフォードにお世話になってました」
 そして今までのことを聞いて、答えて。
「省吾さんは、どうしてですか?」
 ついでに問うのも当たり前。
 今の状況を聞かれないのも、当然把握していると理解しているから。
 で、なぜ今の状況に甘んじているのかと問われれば、
「だって、めんどいもん。それに、ルル君いないし…」
そう答える。
 第三者が聞けば意味不明の答えでも、ルルーシュにとってはあまりにもあからさまで。やっぱりと溜息すら出てしまう。
「って、溜息つくことないじゃない」
 で、それをこれまた分かっている朝比奈も、走文句を返すが。
「当たり前でしょう? 自分の能力を正しく使わないなんて勿体ない」
 解放戦線では無理でしょうが、騎士団ではできたのでは?
 そう言えば。
「えと、そう、なんだけど、ねぇ?」
「…めんどくさいとか、言わないでくださいねv」
 ちょっとしどろもどろに答えれば、すっぱりと切ってみたりして。
 それに。
「…したほうが、いい?」
 ちょっと自信なさげにそう問えば。
「日本、取り戻したいんでしょう?」
 なら、さくさくとしましょうv
 そう言ったりする。
 それでも
「あ-。でも、大丈夫、かなぁ」
と、自信なさげに言うのに。
「信じられないんですか?」
 そう聞いてみる。
 騎士団のトップを信じられないのか、と。それほどに無能であるのか、と。
「んー。約三名ほどうるさいんじゃないかなぁとか思ってる」
 とりあえず、トップはそれなりに信じてはいるらしい事に、ルルーシュは安堵する。(やっぱり、ねv)
 で。
「じゃ、やってくださいねv」
 信じてはくれているらしいし、ルルーシュとしては(…言うつもりはないが)嬉しいことなので、そう言えば。
「うーん。じゃ、しますかv」
 そう、請け負ってくれたv
「じゃ、そうなったら、ご褒美、あげますねv」
 ので、そんなことを言ってみる。
 それに、俄然やる気を出した朝比奈だったとか何とかv

 ともかくも。
 その後はキスしたり、
 喋ったり、
 触られたりしながら、
 楽しい時間を過ごしていたそうなv





(…ちょっと誘い、かけてみるかv)
 とは、某魔女様のお言葉v





3へ





別窓 | 呟き+ss | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<ぬらりひょんの孫17話 | 月読みの森 | 体育そのさんかなv>>

この記事のコメント

ちょっと体調崩して、ひと月ほど撃沈しておりましたー(-_-;)

ああ、楽しい展開です。これ、好きです。
ルルちゃんと省吾さんの・・・

ラブラブ、楽しみです~~~///

炎さまも、お身体にはお気を付け下さいまし。
2010-10-06 Wed 00:16 | URL | 冬華白輝 #-[ 内容変更]
楽しい展開ですかv
実はこれ、とある小説から思いついたんですよねぇ♪
とりあえず、ラブですv
途中に棒展開もありますけどv
楽しんでいただければ嬉しいですv

って、大丈夫ですか!!!!
ひとつき撃沈って!
お体ご自愛くださいね。

私も気をつけます~♪
2010-10-06 Wed 00:20 | URL | 炎 #-[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |