月読みの森

秋の番組改編

秋になって、色々な番組が始まってきた。
時代劇では、もうすぐ水戸黄門。
ドラマでは、相棒。
アニメでは黒執事、OOなんかかな?
まぁ、それなりに、楽しみであるv

でも、ギアスがもうほんとに終わったんだなぁと実感。
でも、多分、ギアス熱は冷めないと思うんだよなぁ。
いろいろと書いていきたいしv


ということで、おまけのギアちゃんv
   拍手する

あの子が死んだ日・前


「あれ? 朝比奈さん、いないんですか?」
 それは、カレンの何気ない一言が原因だった。
 その日、カレンは病弱設定のまま(というか、生徒会の仕事から逃げるために)学校をサボり、有意義な1日にすべく、四聖剣の千葉(やはり女同士、ということで、他の面々よりは話しやすいから)に模擬戦の相手をしてもらうべく藤堂の部屋(ラウンジにいない時は、大抵そこにいるから)へと来たのだ。
 で、目当ての千葉を見つけて声をかけようとして、気づいた。
 一人足りないことに。
 何時もなら、そんなには気にならない。
 結構明るくてノリのいい朝比奈は、騎士団員ともすぐに打ち解け、結構連むこともあるから。
 でも。
 その日、朝比奈はアジトのどこにもいなかったはずだ。それは、千葉を探す中で確認している。
 外に行くという報告…というか、知らせは受けていない。
 騎士団は殆ど顔が知られていないが、藤堂と四聖剣は、指名手配を受けている。見る者が見れば、分かるのだ。
 まぁ、藤堂は一般人にも結構顔を知られているので、作戦以外では外には殆どでないが、どちらかというと名前の方が先行している四聖剣は、時折外出している。(当然、軽い変装はしている)
 それでも、その時はどこへ行くとかそう言ったことは幹部連、いる時はゼロにも知らせて貰うようにしている。
 何かあった時にフォローするためと、用心のために。
 だから、アジトのどこにもいなかったはずの朝比奈が、この部屋にもいない(しかも他の面々はいるのに。ましてや敬愛している藤堂もいるのだ)というのが不思議で、問うた。それだけ、だったのだが。
「ああ、朝比奈は、ちょっと出ている」
 返ってきたのはそんな答え。
 だがしかし。
「え? どこへ? 扇さんとかに言ってないですよね?」
 先ほど扇にも聞いたが、そんなことは言っていなかった。
 ならば、誰にも何も言わずに出たと言うことか?
 いつ出かけたのかは分からないが、万一と言うこともあり得る(まぁ、曲がりなりにも四聖剣と呼ばれる身である。ないとは思うが)し、これは規律違反となる。
 解放戦線ではどうだったかは知らないが、ここでは騎士団の規律に従って貰わなくてはならない。それに、このことー外出時の報告ーは、最初に言って、了承しているはずである。
 だから、取り敢えず扇に報告して、探そうと思った。
 でも。
「千葉さん!?」
 その行動は、カレンの腕を掴んだ千葉によって…否、その周りを囲み、行かせまいとする藤堂と四聖剣によって阻まれた。
 でも、何故か分からない。
 もし、今何かが朝比奈に起こっていたとしても、自分たちには何もできないのだ。
 そんな危機に、早々彼らが陥るとは思えないが、万一と言うこともある。
 だから、知らせて探そうとしているのに、何故邪魔をするのか?
 そんな感情が、溢れ出たのだろう。(隠す気もなかったが)
「君の気持ちも、騎士団の規律を破っていると言うことも分かっている。だが、頼む。見なかったことに…知らなかったことにして欲しい」
 そんな言葉が、藤堂から発せられた。
 それに、絶句した。
 いや、軍人の鑑のようだと常々思っていた藤堂の、規律を破ることを由とするかのような言葉は勿論のこと、藤堂が頭を下げさえしたことに!
 否、よくよく周囲を見てみれば、四聖剣達も、それにあわせるかのように頭を下げていたのだ。
 一体何がどうなっているのか。
 これほどまでに朝比奈を庇うのだから、何かがあるのだろうか?
 まさかとは思うが、朝比奈の勝手な行動とか?
 目の前の出来事&色々考えすぎて、カレンは、混乱の極致に達していた。


ということで、恋愛談義の後、朝比奈がどっかで呟いている時(朝比奈の呟き)の、アジト…というか、藤堂&四聖剣とカレンの会話です。
カレンちゃんに事情説明ってとこでしょうか?
あの時、なんで朝比奈が怒ったか…の。
取り敢えず、前編。後は短く中・後かな。 
別窓 | 呟き+ss | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<ガリレオ第1話 | 月読みの森 | 天使再臨(OO♯1)>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |