月読みの森

ゴシック(クリスマスキャロルは窓辺の幸いを飾る

まだクリスマス
1924年のv
庭におおきなツリーv
しかも、学園のクリスマスはみんな仮想するけど、くじょうはしてないv
で、アブリルがセシル先生のトコへ連れて行って…
綺麗なドレスを見せてくれたとかv
…くじょうのことだから、ぜったいびくに着せようとするだろうなぁ…(と、予想してみる
あ、それは、ゾフィーのだったらしい
先生は、ウサギのぬいぐるみ?
何か人のためにナル怪物がいて、ソレを護るのが、ウサギだったとか
で、それを権力者が捕まえようとして、ウサギを殺すけど、実はウサギは心臓であったので、怪物は死んじゃったとかv
その話の後、ウサギをくじょうに、で、ドレスをびくに、とv
でもその後、セシル先生、苦悶v だって、アブリルchanのことは知っていたからv …とりあえず、むだなフォローをv
で、びくにドレスを着せ、パーティにv
で、踊って、プレゼント交換…で、びくの指輪をゲットv
必然的に彼が貰うように仕向けたとかv
あ、アブリルはぷんぷんと外へ行ったら、車が
で、プレゼントを取りに行ったら、拉致されたと
で、プレゼントだけは、アブリルに託したけど、陛下からの招聘?
なんとそビュールに来ていた外国人を戻すとか
あら、その場でモンス取るシャルマンが再来したという噂v
びくはソレを知らずに待っている!
で、路地裏では、例の記憶のよい兄ちゃんが何か数えてる
で、くじょうは文句を言い、車が止まったのを幸いに、逃げた
で、おっちゃん達が探すけど、鐘の音とともに、地下組織のウサギがv
それでお兄ちゃんに、現状を聞く
モンストルシャルマンが再来するとか言いつつびくのトコへと帰ろうとする
で、
学園のみんな去って行くのを、アブリルが何とか励まそうとしてる
びくは、いなくなったくじょうを想い、固まっていると
で、食事を取りに行ったアブリル
入れ替わりに戻って来たのは、お兄ちゃん
で、くじょうを人質にびくに言うことを聞かせると
取引ですなv
どうやら、くじょうは、びくの心臓であるとか
ちゃんと叫ぶくじょうの声を聞き取り…泣き崩れるびくv
ソレを見るお兄ちゃんはv
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:2 | ∧top | under∨
<< | 月読みの森 | ふう>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

 アブリルが気の毒すぎますね。 …
2011-06-25 Sat 19:04 つれづれ
全ては、必然。 というわけで、 「GOSICK-ゴシック-」22話 戦争が始まるの巻。 こんの…ホビロンウサギがぁ! アブリルさんにヴィクトリカちゃんへのプレゼントを託すのは、 百歩譲って大目に見て... …
2011-06-25 Sat 23:14 アニメ徒然草
∧top | under∨
| 月読みの森 |