月読みの森

はくしゅその9

のろけ、そのいち


「と言うことで、まずは新顔からじゃv」
「前回の続きと言うことか?」
「だねv」
「うん」
「そうだな」
「えええええええ?
 えと、何を言えばいいんだ?」
「相手については、簡単に聞いたしの」
「じゃ、名前と立場、それと告白はどっちからかv」
「えーと、名前は日番谷冬獅郎で。
 10番隊の隊長してる。あ、死に神な。
 んで、とりあえず、告白は…両方、かな???」
「あ、死神ってことは、世界が違うんだ?」
「うん」(ちょっと寂しげ)
「ま、愛し合う二人にそんなのは些細なことじゃのv(わしもじゃしv)
「うん。それより告白が両方ってどゆこと?」
「えーと、どっちのパターンもありってことで////」
「へぇ、その時の状況とか言葉は?」
「えと///
 俺が冬獅郎んとこに飛び込んで。それで冬獅郎が好きって言ったのと。
 周りが騒いだときに、冬獅郎が俺のだって言って、それで////」
「へぇv 愛されてるねぇv」
「////う、うん///」
「で、そやつのどんなとこが好きなんじゃ?」
「あ、言っとくけど、全部はなしだぞ?」
「え、え、え、え、え、え?
 えと、だって、優しいし、かっこいいし、全部綺麗だから……////」
「うわv 惚気てる♪」
「でも、みんなそうだろうが!」
「「「「とーぜんv」」」」
「じゃ、いーじゃんか! 全部好きでも!」
「ま、ねv というか、みんなそうだしv」
「ううううう//// あとは!」
「相手への思いを叫ぶ!」
「えとえとえとえーーーーと。
 と、冬獅郎、好き、だ/////」
            
「俺もだぞ」
「って、冬獅郎!?」
「あ、来ちゃった」
「もう終わりなんだろう? じゃ、行くぞ、一護」
「へ? あ、うん」
「…連れてっちゃったよ」
「いいなぁ」
「ま、当人がいなくなったことだし、今回はこれで、終わり、じゃなv」

「「「「どうも、ありがとうございましたv」」」」
                         
   拍手する
別窓 | 拍手ss | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<侵略!イカ娘 | 月読みの森 | アイドルマスター24話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |