月読みの森

薄桜鬼~黎明録~10話(紅蓮の烽火)

お、みんなで相撲見物と思えば、ヘイちゃんと龍ちゃんはサボりで、しんぱちさんもサボりv
あらん、みんなして警護をしてるのね
資金とかいろいろと考えてv
んで、終わって帰るって時に山﨑さんが来て緊急の報告
…芹沢さんがなんかしたらしい
って、ええええええ?火付けをしたのか??????
南蛮貿易で私腹を肥やし、浪士に資金を提供していた疑いで資金提供を断ったとかv
で、土方さん、火を消すつもりだが、
芹chan虚言とするかと言えば…いちおう蔵を見るとか
で、とーぜん町民さんたちはぶつぶつぶつv
龍ちゃんは真っ直ぐねぇv
あらん…お蝶さんだったかな?身ひとつで追い出されたとか?
その前で無防備にねるので、刺そうとするが、ばれている?でも泣いたのを見て、傍にいろってさv優しいのか?
んで、火付けのことは……どっちもどっち
斉藤さん、腹に据えかねてるとか言いますし、沖田さんも邪魔っていってる…フラグ、たったのか?
夜…芹chan島原で飲んでいたら……何か倒れた?しかも錯乱して下僕を蹴り倒し…
龍ちゃんが我に返させた…ら、はたかれたとか
あ、そこに………土佐か?
って、そこに風間さんが!!!!!!!てことは、薩摩?
で、風間さん、病気を見抜き、病気の容態を…告げるv
でも芹chan、それがどうしたってさv
おおv興味を持ってるよv
雪村さん、給血衝動を抑える薬とかを新見さんに渡してますが………実験を唆しています…よ
おおv
会津さんの所へ近藤さんと土方さんがv
でもそこで働きは褒められたが芹chanのことを何かほのめかしている?
あらん
蛤御門の変か?
大砲の音がして、みんな待機
会津と薩摩が境町御門を警護しているとか?長州との小競り合いだな
おv仇敵同士が手を組むとかねえ
利害の一致はすごいねぇ
ん…一応みんなは待機しようとしてますが…行こうとしたトコで、伝令が来た
こいってさv
天子さんをまもるんだってさv
でもいったら…立ち去れってさ
あらん、土方さんが切れる前に芹chanがきれて、陣中組でまかり通るってさ
あ、雪村さんはそれを観戦v
おおv龍ちゃんはお留守番v
みんなは、一応つとめを果たしたらしい
で、その成果で、京都の見回りを任せるってさ…しかも組の名前も新選組ってもらったんだって
なんと昔、会津にあった組織だったらしいv
で、今夜は祝いだってv
あらん、しっかりと看板かかっていて、……そこに斉藤さん感無量で眺めていると
で、そこに龍ちゃんが来て…斉藤さんが今度こそ武士であることを貫くってさ
そこにへいちゃんが呼びに来る
近藤さんは廊下でしみじみv
土方さんもおつきあいv
芹chan…なんかふっかい話をしてますよ
お嬢さん、居着いてるねぇ
おおv裏では新見さんが実験を繰り返している
で、最後はまた火事v
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:2 | ∧top | under∨
<<もやしもんリターンズ10話(すれちがう思い) | 月読みの森 | 輪廻のラグランジェseason2(裏切りの空は鴨川)>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

 いろいろ問題がありますが、味方でいる分には凄く頼もしいですよね、芹沢は。 …
2012-09-19 Wed 21:45 つれづれ
久々のちぃさま登場(/∀\*) 作画も麗しく大満足でございますv ストーリーの方はやはり かなりざっくりのダイジェスト版状態ではございますが、 美しい絵に惚れ惚れしながらの鑑 …
∧top | under∨
| 月読みの森 |