月読みの森

神様はじめました11話(神使、、街にでかける)

みずきちゃんやけ酒中
人間に不慣れなのでとかなだめてますねぇv
で、どうすればいいのと言えば、テレビをつけてくらまを見て
みずき勘違いv
で、東京に行ったら…すんごいギャップにつかれてますと
で、キャッチセールスに捕まり…五万円のステッカーかわされ
道を聞こうと怒られ…蛇を見せて追いかけられ
無賃乗車で捕まりかけ……鞍馬に助けられます
で、打ち上げに誘われ
どうしてここにいるとお互いにv
で、帰れと言ってパーティに
みずきくんは…カクテルを飲んで倒れましたv
で、女優さんの付き人に介抱されますとv
で、付き人三さんあわないけど、もちっと頑張って見ようとv
それ聞いて、なんか思いv
空飛んで帰りましたとvで、お礼に酒をあげましたv
あ、ふるまってるv
あははv
社の賽銭使い込んだのをともえにばれないかを心配してるv
あらん、後半は遊園地デートとかでななみちゃん浮かれてるけど
ともえ、まだ寝てるよ
とーぜんななみちゃん怒る
で、家捜ししたら…簪が出てきて
後ろめたいともえ、観覧車乗りにv
とーぜん、簪の話題はタブーv
ななみも気にしないことにv
でもちょっと女子との関わりにちょっと嫉妬v
で、絶叫系にのったともえの笑顔に癒されるななみちゃんv
で、そこで乱れた髪をなおすともえ
くしをさしたらまとまったよv
で世間話にうきうきのななみちゃん
あ、でもまた女子に触ったのを怒り
ゆきじさんって人のことを言っちゃった
でもともえはしらないと
でもななみは怒る、嘘はって
で、逃げて、転んで、愚痴るv
何と言ってふられるんだろうって
で、夜ひとりのななみ
とりあえずともえを探しに観覧車に乗って
ごんごんしてたら
あの簪を発見v
…したら、ともえが乗り込んできて
笑えって
で、それに簪のこと聞いたら
あっちで買ったけど、カミをあげないからしまっておいたって
それにななみうれしいvってさ
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<緋色の欠片第二章12話(守護者の覚醒) | 月読みの森 | 初めてのv>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |