月読みの森

まおゆう 魔王勇者第3話(いままでどこほっつき歩いていたのよ!)

あれ(2話)から三ヶ月v
成果は出てきたらしい
農民さん達にも公表でアルらしいv
にこにこ笑顔の魔王がかわういねv
おおvあのメイドさんたちもちゃんとやっているらしいv
で、メイド長さんは…何かを期待しているらしいvナニをだv
お、また転移して湖の国へと行ったらしい…教会に用なのか
そんで信仰心の話とかいろいろv
おやん、何かをしようとしてるらしい
で、潜入ってあんたv
で、そこでいちゃんいちゃんしてるらしいv
で、そこに誰かがきて白の剣士と名乗ったら……剣士さんだったとか
で、詰め寄られて、はたかれましたvそして泣かれましたv
あら、捏造話をしたら、納得したらしい
そんで、女剣士さんは猫を被っていたらしいv
じーさんはどっかの諜報部に
魔法使いは…一人で魔界に行ったらしい
それになんとかなるさと横に置いといて
本題
馬鈴薯を持って来たらしい
しかも何か料理してる…ハッシュドポテトかな?
で、良い点を並べ連ねる
そんで彼等には、冬越し村に修道院建てて欲しくて、ついでに農業を広めて欲しいと
それをすれば、平和な世界が見られる、丘の向こうが見たいと
それに修道長さんは納得し
なんと本人自ら行くとか
んで、両者宣戦布告vだよね?
帰りには、二人でお話
おおv肥料の話をしてるv
しっかり魔ゾクもなんだが、もっと厄介なのが、同盟なんだって
おおv
同盟の手の平に踊らされていたらしい、へたれ勇者めv
おやん
二ヶ月籠もって……羅針盤を作っていたらしい
それを同盟に持って行ったらしい
あらん、修道院に何かを頼んだのを知っているよ
って、緑の兄ちゃん怖いよ
メイドさんは、…村の人に可愛がられているらしい
勇者は…女魔法使いを探しに行こうとしてるらしい…そりゃそうだろう
で、魔王さんは緩んだ箍を締め直してこいと送り出し…
抱きしめて欲しいと遠回しにv
あらん、メイド長さんに発破かけられているらしい
おおおおvかわいいではないか、魔王さん
おお、帰ってから何かをするとかv

   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:1 | ∧top | under∨
<<ラブライブ3話 | 月読みの森 | マギ16夜(ソロモンの知恵)>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

第3話「いままでどこほっつき歩いていたのよ!」 冬越しの村へ来て3ヶ月。 魔王様の実験も順調そうです。 箱の中の秘密兵器は薄くスライスして油で揚げて、塩で味付けすると「... …
2013-01-28 Mon 21:46 いま、お茶いれますね
∧top | under∨
| 月読みの森 |