月読みの森

まおゆう 魔王勇者第8話(剣を取って、我が主)

あ、魔王にプロポーズした人が来てるv
そこにちびちゃんが紅茶を持って来たv…あぶなっかしいけどねv何とか淹れ終えた
で、そこに魔王さんが来て……
なんか決算報告書を私にきたついでに……口説きに来たらしい
でもそこに勇者様がきました
ってか魔王様はメイドさんでしたとかv

毒舌合戦v
そしてお互いに牽制v
しつつ、なんかの約束を、今果たせと椅子毎どっかへ転移させました
って、魔界に連れてきたらしい
そんで現実を見せてますv
そして真実も伝えます
で、火龍皇女様が宴を取り仕切るv
で、魔王様は……どっかに出かけるv
………商人よ………
あ、虹ってオーロラでしょうねぇ
で、かいもんとしを勇者の権限で売ると
対価は………すごいこと言ってるよ
魔王は……誰かにあいに行ったらしい…で、伝言を頼んだとか
…なんか歴代魔王を沈静化しに入るのだが……そうでなければ、メイド長が撃つとか
それを聞いて、にっこりと入っていきます
……女騎士、勇者に跪き……なんか懇願してます…主を願いマス
魔王からはとらないけど、私を捧げるのだと
私も何かをしたいと
だから
勇者は、剣を取ります
そんで儀式をしますv
で、ちょっとへたれてますね、勇者
メイドさん、メイド張さんの行動をきいてます
どっかの教会が……何かの引き渡しを要求してる?
商人さんも焦り
女騎士さんを呼び戻せと修道院
メイド妹は無邪気だが
そこに王様達が
なんと魔王様が異端だとか言われてると
でも二ヶ月は帰らないとか
で、頭を寄せ合って考えてたら
勇者が何かをするとか
つまり一旦引き渡して取り戻すってさ
つまり姉妹とともに引き払うと
奪わせる気はないから……
言ってくるってさ
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:2 | ∧top | under∨
<<たまこまーけっと8話(ニワトリだとはいわせねぇ) | 月読みの森 | ちはやふる2第六首(たつたのかはのにしきなりけり)>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

「剣と取って、我が主」 私は私の物、だからせめて私を勇者にあげたい! 騎士に生まれて今まで剣を捧げてこなかった私は騎士にしたって半端者だった、始めに勇者に剣を捧げて …
第8話「剣を取って、我が主」 突然訪ねてきた青年商人に紅茶を出すメイド妹。 何を背負っているのかと思ったら踏み台だったのねw 危うい手つきに青年商人もハラハラw でも …
2013-03-06 Wed 23:10 いま、お茶いれますね
∧top | under∨
| 月読みの森 |