月読みの森

宇宙戦艦ヤマト2199第2話(我が赴くは宇宙の海原)

いいねええええええ
ヤマト発進の回
とりあえず前回の続きで、二人の見ている前でヤマトが攻撃を受けて
メインの人達が死んでますよ
ところで
やはし二人は加藤に拾われたのでしょうねぇ
殴られてますし

ヤマト計画発表
所々に思わせぶりに冷凍睡眠装置がv(わはは、五章を見ていた私には分かるけど、ココでは言わないv

古代君は雪ちゃんに素っ気なくしつつ艦長室へv
自分を解任して欲しいってさ
でも
艦長は古代君を買っているv
それに応えた古代君は大人だなv
…だからこそ、艦長に傾倒してて、某細目chanにも煙たがられてたのねv
うんうんv(だから…なのねvあれはv

全員集合したところでお約束のでっかいミサイルv
世界中から電力が供給されて…ヤマト抜錨v発進だよねv
んで
主砲うって
古代と島の握手で地球表面をてこてこv

あああ
やまとーーーーーーー

加藤の突っかかりがv
…しかしいつの間にこだわりなくなったんだ?
そんな場面…………

それと
今回シュルツが割とかっこいいv
ガミラス語もいいねぇv

次回は木星圏脱出v
みるぞーv
   拍手する
別窓 | ヤマト | コメント:0 | トラックバック:3 | ∧top | under∨
<<RDG1話 | 月読みの森 | 宇宙戦艦ヤマト2199第五章>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

ガミラスの攻撃を受ける戦艦大和。 沈没艦と思えた主砲が唸り敵艦を撃破する! 鉄屑と思えた偽装の下には、地球の最後の希望を託したヤマトが眠っていた。 ヤマトに乗り込むこと …
2013-04-16 Tue 23:34 空 と 夏 の 間 ...
宇宙戦艦ヤマト2199は第1話と第二章(第3話〜第6話)のレビューは書きましたけど、第2話のレビューはまだ書いてませんでしたので、改めて書かせていただきます。 …
2013-04-18 Thu 01:00 ホビーに萌える魂
そして時代は流れ大和はヤマトとして飛び立つ。 現実世界ではあまり活躍の場を与えて貰えなかった46cm主砲が,轟音をあげてぶっ放されました。 海の藻屑と化した大和がヤマト …
2013-04-21 Sun 10:22 ひそか日記
∧top | under∨
| 月読みの森 |