月読みの森

翠星のガルガンティア5話

おvレドさん、待機が一番向いてるとか言われて……落ち込んでるとか
そこにエイミちゃんきても
役に立たないのが、意味ないとかいろいろ言ってるv
で、仕事したいとか
で、できる事を教えてくれと…役立たずがよほどいやらしいv
んで…一緒に仕事探しだとか
でもないv
んで
凪になったので…金髪にーちゃんとぱーちぃとかv
あ、ピニオンの仕事が
凪の日はお休みらしいv
チェインバ-もきたv
女の子は水着になって泳ぐらしい
レドはもてあそばれているvついでに泳げないとv

肉を台無しにしたので、どっかへお使いに行かされることにv
……………どこだ
あらん残ったオン尚子達はガールズトークv
そこにエイミに仕事の話v
で、太る心配なしとかv
泳洩にオンは何か良からぬ事を考えてるv
レドは……何かに捕まったのか?
ピニオンの所は…カオス?
レドは……追っかけられてて、エイミに助けられ……
にっこり?
で、回したことで超巨大スプリンクラーが作動したのか
虹が綺麗だ
で、レドの受難は続くv
ピーニオン???
レドは…………なんかを受け取りましたとv
もどったら、チェインバ-がオーブンにv
で、レドはたれを持って来たらしいv
で、それはとってもおいしかったらしいv
んで夕方…風が戻り……みんな仕事に戻るv
レドも……
待機に戻るv
チェインバ-は……堅物v
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<ちはやふる2第16首(みゆきまたなむ) | 月読みの森 | 這い寄れニャル子さんW4話(恋愛の才能v)>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |