月読みの森

ちはやふる2第17首(ふくからに)

読み手さん、すっごいすてきなお声v
みーーーんなぼーーーーーv
一手目から負けてますねぇ
って、全敗の予感を、ってなに?
しのぶちゃーーーんv
でもそれもしゃーない?
すっごい強いねぇ
しかも体幹が強いと
なんと先生、12年とか
千早、ナニガ聞こえてるのと
空札聞いてて…千早ちゃん幻影を見るv
読み手さん、りおんさんを思うv
だからB級なのね
千早ちゃん…かなちゃんを見て…思い出す
んで深呼吸
して、イメージしてます
で、一枚取るv色と歌が繋がるのね
次も取るv…が、あらららんケガ?
と思ったら…なーもなくとv
太一、……ちょっと焦り?ってか、ケガしてるねぇ、絶対v
あら、肉まん君なんか気づいた?
あらんしのぶちゃん…イカリングマークがv
あ、りおん、千早のケガに気づいた…ら、りおんちゃんちょっととれなくなった?
で、動揺します
何回場所ないのね
で、千早さん、一字決まりをおくり……中指で取ると決意
でもいたいのねv
で、その時、早く取りますv送ったのをv
で、…真剣勝負を心の中で宣戦布告v
肉まん君も…いまだロッテv
あ、男共みんなだvで、ほっぺをたたいて………やる気を起こすv
見事なスポ根だv
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<俺の妹がこんなに可愛いわけがない。6話 | 月読みの森 | 翠星のガルガンティア6話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |