月読みの森

Free!6話

れいくんが外でおぼれてそれをまことちゃんが助けに行き
声を出したらはるかちゃんが気づく
で、起きて見てみたら…
2人が海にいるのがみえたv
さて、どうするv
あら?まことちゃん何かのトラウマ?
それ見て、2人も飛び込むv
んでまことははるかで、なぎさはれいで…あらん波が来たよvどうなったv
はるかちゃんがたどり着いたのは……無人島?
で、様子を見たら……むっちゃ弱ってる
ので、人工呼吸♪…しようとしたら、自力でおきたv
あ、れいはなぎさとともにいたよv
あ、そこでれいくん、まことの異常に気づいたらしいv
そのまことは一応落ち着いたらしいv
うん、なんと、海が怖いらしい…あの時のことがあって????????
で、そこに2人が来て…なんとかv
で寒くなったので、雨をしのげるとこへ行くことにv
廃墟のレストハウスv
中に入って探検v
で、食料探索v冷蔵庫を開けるのにじゃんけんして……れい君開けたら………なーもなしv
でもなんとか見つけ出し…さばかんとパイナップル缶とペットボトル…で、ぱくぱくv
で、眠れないので、…ゲームをすることに
誰が出るかなと言うのv
れいは…恥ずかしい話vパンツ忘れたんだって
はるかは…こいばな、滝に惚れたとか
なぎさは…物まね…岩飛びペンギンのv
ああ、まことくんを笑わせるためとか?
で、そこでれいくんいつものまこととちがうって聞いて、はるかはほっといてやれって言うけど
まことは話す
海が怖い、と
昔、隣町の港町に行っていて、漁師のおじいさんに可愛がって貰ったと
で、あるときそのお爺さん台風が来たときに船が沈んで…じーちゃん死んじゃったんだって
金魚もえさもやっていたのに、死んじゃったので
海が怖くなったとか
それにれいくん感動v
で、なぎさくん、どうしてきたのと言えば、
みんなと泳ぎたかったからと
どこまでも行けそうだったからと
それにみんなにっこりv
で、雨があがり、外に出たら………満天の星v
雨のたまった床にも満天の星
それを見て、まことくんにーーーこりv
んで、朝仁なり…どーやって戻るかってことになり、
みんなで泳いでいくと…
あら、そこにりんくんが通りかかり……
砂浜で寝てるみんなをマネ達が発見v
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:1 | ∧top | under∨
<<銀の匙4話 | 月読みの森 | 恋愛ラボ6話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

 腐女子な方々「きゃああああああああああああああああ!!」  てりぃ「ぎゃあああああああああああああああああああああああああ!!」  ……え?わからない?あら困った …
2013-08-25 Sun 22:51 Old Dancer's BLOG
∧top | under∨
| 月読みの森 |