月読みの森

書いてみました

チャットで書いた話です。
取り敢えずアップしてみます。
なんか見にくいので、ちょこっと整理v


   拍手する
うたかた


「…どういう、こった?」
 卜部の呟きは、酒のニオイの充満する空間に吸い込まれていった。

 その日、卜部はゲットーの見回りに行っていた。
 指名手配はされているモノの、売れているのは名前だけで、顔はー藤堂などは両方売れているがーそれ程でもないため、軽い変装程度で、結構ごまかしはきくので、たまに外へと出たりもする。
 見回りも、たまに回ってくる。
 別にそれは当たり前のことだと思っているので、回ってくれば行く。今回も、そうだった。
 なのに、である。
卜部が出かけてから、わずか三時間程度しかたっていないのに、アジトのラウンジには酒の香と共に、幹部の屍がそこらに転がっていた。
 そして、冒頭の台詞に戻る。
 本当に、わずかの間に、一体何が起こったのか?
 誰か自分に説明できる者はいないかと周囲を見回した時。 
「なーんだー、もう、おしまいかー♪」
 こえが、聞こえた。
 聞こえてきたのは、間違うはずもない、愛しのルルーシュの声。
 だが。
 聞こえた声の、あまりにも何時もとは違うトーンに、?マークを飛ばしつつそちらを見て。
「る…る…?」
 絶句した。
 だって、である。
 確かに、そこにルルーシュはいた。
 でも、その姿は!
 多分(というか、恐らく)酒を飲んでいたのだろう。白い肌は上気し、瞳は潤んでるし、こちらを見つめる表情は無茶苦茶色っぽいのですが?
 しかも、お酒を飲んで暑くなったのか。何時ものゼロの衣装からスカーフが消えて、襟元が結構広く寛げられていたりする。
 しかも。
「あー、こうせつだーvv」
 喋る言葉が酔っている所為か舌足らずで、それがまた、壮絶に可愛いv
 …と、そこではたと卜部は我に返る。
 何があったのかは分からないながら、幹部は酒を飲んでいる。
 勿論、あの様子を見るに、ルルーシュもだろう。
 で、ルルのあの姿で…。
 周囲には、屍が累々…。
 まさか、とは思いたい。
 思いたいが、現状が疑惑を突きつけてくる。
 これは、きちんと確かめなくてはいけない。
 そう心を決め、思い至ったとあることを確認すべく、ルルーシュの傍へと行き、しゃがんで目線を会わせて口を開く。
「なぁ、ルル?」
 できるだけ、感情を交えずに。
「なーにー?」
「こいつらに、なにした?」
 できるだけ、優しく。
「んー? なんもしてなーいv」
 とはいえ、相手は酔っぱらい。
「…酒、飲んだんだよな」
「うんv」
 幼子に対するように、噛み砕いて問いかけを重ねる。
「で、スカーフはどうしたんだ?」
「えとねーv あついから、とったのーv」
「服も、脱ごうとしたのか?」
「そうなのv だって、あついんだもんv」
「…で、こいつ等は倒れたのか?」
「うんv なんでかしらないけど、みんなあかいのつけてたよv」
 そして得た情報に、頭痛がしてきた。
 おいおいおいってなもんである。
「こうせつー?」
 そんな卜部を知ってか知らずか…(いえ、確実に知らないんですけど)ルルーシュは無邪気に卜部を呼ぶ。
 呼んで、傍にはいるけれど、触れてくれない恋人に焦れたのか、ぎゅっと抱きつく。
 それに。
「だな、みんな勝手に寝たんだよな」
 そう言って、よしよしとルルーシュを抱きしめてやる。
 取り敢えず、彼らも自分たちのことを知ってるから、手は出さなかったようだし…ま、ルルーシュの艶姿にやられたんだから、本望だろう。…それに免じて、報復はやめといてやるかv
 ちょっと、黒いことを考えつつ、対ルルーシュには優しく触れるだけのキスをして、それでもこれ以上ここには置いておけないと、そっと抱き上げる。
 そして。
「寝るか?」
 いきなり抱き上げられたことに驚いたルルーシュに、優しく囁いてやる。
「んーv いっしょにーv」
 それに返されたのは、甘いお誘いv
「ああ、一緒にな」
 明日になったら、ちゃんと言い聞かせないといけねぇなぁと思いつつ、卜部は愛しい恋人をその腕に抱き、その場を後にした。
 その後の二人を知るのは、ただ、夜の静寂だけv



 翌日。
 何故か卜部に抱きしめられている己を確認し、真っ赤になって慌てるルルーシュがいたとかv  




取り敢えず、騎士団幹部にゼロバレ皇族バレ。ついでに、卜部と恋人バレ。
酒はキョウトからので、卜部が出かけた後に届いたの。
で、酒盛りに入るんだけど、幹部どもはルルの魅力にあてられた、と。
藤堂と四聖剣は、屍の中にはいません。ナイトメアの整備中ですv(一応、格納庫にも酒は届けられた、とv)だから、惨状を知らないと…v


チャットの時、挙手された方持ってって下さいv
別窓 | ss | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<黒執事第五話(その執事、邂逅) | 月読みの森 | 故国燃ゆ(OO♯5)>>

この記事のコメント

わざわざすいません改めて、はじめましてアイリンです。いろいろと、ご迷惑を、おかけしました。パスワードの方を、教えてもらえますか??
2009-05-08 Fri 02:39 | URL | アイリン #-[ 内容変更]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-11-21 Sat 23:21 | | #[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |