月読みの森

とある科学の超電磁砲s21話

フェブリの正体を知って動揺するみさかみこと
カエル先生は…淡々と説明
何と…あめを舐めないと、たまる毒を中和しないと生きていられないと

治すためには作った人がいると
そしてこの町には暗部がアリ…あの子を治すためにはそれと向かい合う覚悟が必要だとv
でもみさかさんはみんなには…嘘をいいますvま、しゃーないよねぇ
でも黒子は気づく?
そこにみさか妹ちゃんがいてさくりん、とvそこへv
みさか妹はフェブリと話をします…ちょっと拗ねてるけどねっv
で、しっかりと自己紹介したとこで、フェブリにもお姉ちゃんがいるとか?
それと、テスタメントを使用して知識をえたらしいと、ついでにみさかのときと同じ人物ということとv
それにあの女を回想v…ちょっと嫌な気持ちになるけど
妹は…ミルクティーの味を教えてくれた礼を述べたいとか
みさかは、ことを構える気満々vみんなを巻き込まないように一人でv
そこにこんごうさんから電話で、心配してかけてきたとか…で、そこで悲しいこととかもいろいろと分かち合うのがほんとうの友達だと泣かれたとか
それにちょっと考えさせられるみさかかなv
で、黒子もいつもここにいるからとか健気なことを言いまして
巻き込むことにしました、とv
あ、さてんさんたちもだv
みさかさんはそれでも惑うけど、…みんなはやる気満々v
…アンチスキルも巻き込んでるのねv
…さてんさん、カエル先生のトコに行ったのね
で、パワードスーツは…本部二匹取られていったらしい…証拠隠滅だねぇ
でも落ちてた何かを貰いますねvうんうんv
でーもー…成果はなし?
こんごうさんから…何か?
ついでに、その男が何でそこにいたのかを…ちょいっとv
あらんそこでちょっとみさかちゃん気づく
で、その彼等は……ダークを?
ぬのたばさんがなにかを?
で、あの部品をカエル先生に分析して貰うと…
ついでにフェブリの命は…七十二時間だって
で、それで走り出そうとして
覚悟はアルかと聞かれて
暗部の伝がアルので、会わせようと
どっかの監獄へ
いったら…あの女だv
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<とある科学の超電磁砲s22話 | 月読みの森 | 恋愛ラボ11話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |