月読みの森

サーバント×サービス12話

おvデートカウントダウンv
千早さんは…コスプレ用の衣装作成で熟睡してませんと
そしてセクハラv気付よルーシー!
で、その状態をルーシーはごめんと言うけど、作ってキセルのはもっと好きなのですといいきり、三好さんのもつくりたいらしいv
ということで、プレイヤーさんですから、仕事は三日休むと
課長はそれを一宮さんにイイ…それに千早さん絡みに来て…心配してくださいのサインを出すのだが、一宮さんはすなおーーーーーーにとりますv
でも長谷部を出汁にして千早のトコへいくことにvうん、そんでしっかり長谷部はとうこさんに睨まれますv
行ったら…倒れててvいつも通りのやりとりで
とりあえずそうじとご飯作ってやると、喜び…枕にされて一宮さんは…帰れないと
で、しっかりと誤解?
で、るーしーさんに服を渡し……遊んでますね…
そんで、しっかりと忠告をする…ちゃんとした男の人かどうかを見極めろと
でもそれ、分かんなくて、女性に対して気づかい出来る人だって…一宮さんは…ずれてますがv
あ、んで、試着したら……試写会v
…連絡先交換してないのをしっかり誤解してます
で、当日
ルーシー遅刻v
それにものごっつ心配する長谷部v
そこへルーシー登場vすっっっっっっっっっっごくかわういルーシーがv
そんでしっかりと見ほれる長谷部さんvで、とーぜんかわういとv
で、デートv
そんでだて眼鏡買っていろいろv
そんで古本屋へv
あらん、一宮さんは…あいかーらず朴念仁v
ルーシーは…見極めしようとv…長谷部は…ナチュラル
とうこさんは…彼女いるのかっていいますが…それで話そうとしたら……ルーシー達が来て場所を変える
ルーシーは…気を遣われまくっているv
しかもなれているので、照れて…こけるとv
あ、千早さんはさっきの続き…で、考えてるんだねってさvついでに一宮さんにお怒りv
ルーシー達もvいちゃりんv
で、長谷部さん、つきあってとかv
言いますが、電話がかかってきて…姉の婚約者来るんだけど、…ねーちゃんはイイと言ったけど、父ちゃんに呼ばれたらしいv
で、デートはまたこんどしましょうと言われて長谷部は家にv
で、千早さんから水差し電話v
ンで、翌日……長谷部がおかしい…いつもはしないミスを連発したっり、ずっと席にいたりv
で、長谷部さんの事情聴取v
したら…ルーシーの名前を受理したのが、長谷部父だったらしいv
そして千早一言

ざまあ


おいおいおい

   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<恋愛ラボ12話 | 月読みの森 | 宇宙戦艦ヤマト2199第26話(青い星の記憶)>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |