月読みの森

恋愛ラボ13話

前回から……おかしい会長v
なんとリンゴを持って腕白な転び方v
リコも心配するv
さっすがにあれは挙動不審すぎるv
リンゴと書類をまちがえv
暫く研究を控えるとか
で、またおもしろこけこけv
で、心配するけど……
生徒会室では…へんなまきはへんなまま…で、さよちゃんは分かってるのねv
落書きしてるだけですもんねv
で、その様子に、どっちも声かけられずに……うーじうじv
それは暫く続くv
で、電話でどうにかしょうとかけかけるけど、母にたしなめられるv
あ、で、生徒会室に行ったら……鬘被ったさよさんがいたv
で、予算で何を買ったかを追求しようとしてたら……ついてけないとか言うのを…きいたのかな?
で、小夜で練習することにv
えのちゃんとすずちゃんの前でもあほこけv
で、そこでも…よくつきあうわねぇと言われて泣いちゃう?
んでそのことを生徒会室…あ、リコは友達でなくなるのがいやなのね…でリコたちに言ったら…って、どんなとこにナニを求めてるのよ、二人とも…りこ走り出すv
んでにげたまきは…塾の前にいて…小学校時代の同級生さんが暴露して泣かしましたv
んで、蹴り飛ばすねv
んで、私以外に…っとかいい、
そこでなぎさくん助け船v
で、一応謝りますが…周囲のギャラリーに…まき、恥ずかしがりすぎて…逃げるv
で、なぎさくん、男らしくいかせるv
あ、やんさん…傷口に塩塗り込んじゃダメよ
追いかけるりこv…最初のハンカチで住所を探り当て…………
とりあえずどうしようかと悩み
ごめんといいマス…恋愛初心者なのに騙しててごめんと
隠してるのはそれだけですかといい
怒らしたので、もう会わないと、生徒会もやめ…られなかったv
勝手だよなと……いうけど
頬ぱちんんで嘘はチャラだって
友達というのはどっちも思ってて
二人して泣いちゃいましたv
しっかも抱き合いましてv
んで
生徒会のみんなにも告白して………
しっかりとハリセンでどつかれて…けじめをつけますv
あ、そこに新聞部が来て…とっても素敵な新聞出来ましたvとv
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<当麻君v | 月読みの森 | サーバント×サービス12話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |