月読みの森

黒子のバスケ32話

頑張って頑張って
同点!
すごいねぇ
んで、帰り道
日向君は木吉の膝のことを知り、忠告しますが、木吉、これが最後だと
で、それをカガミ君が聞いていて
帰り道に日向にアレはどういう意味だと聞きます
それに日向君語り出します
いきなし、回想
なんと日向君金髪ではないですか!
いづきくんが誘うも、もうバスケはしないと
それもていこうちゅうが強すぎたからでしょうねぇ
でも
いきりながらもいきりきれないv
そんな日向は、木吉と出会い
木吉は日向を誘う
でももう嫌だという日向をストーカーしてますねv
あ、その間に、今のメンバーが入ってきてますv
で、
勝負して勝てたらもう誘わないと言われて
挑発もされて
がんばるけど
流石木吉…負けません

諦めろと
諦めるのを諦めろと言われて
叫ぶけど
俺も負けていると
さてこの続きは?
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<夜桜四重奏~ハナノウタ~7話 | 月読みの森 | ファイブレイン3 8話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |