月読みの森

夜桜四重奏~ハナノウタ~7話

竜槍を構えて
ひめ吠えるv
じーさん…なんか笑ってるねぇ、んで意味深な言葉を?
で、シャーないので、こひめちゃんを前に出す…わすれてたでしょう
んで、それを出した森野町長さん、じんろくさんに怒られてますねぇ
でもひめは、…怒ってるねぇ
で、もvなんかここでぎゃぐってるねぇ
でもじーさん、またおとしてるねl
で、それをみて、所長、やっぱりとか
んで、戦い開始v
で、連携して怪物は倒したけど、じーさんは取り逃がしv
で、倒し切れてない怪物にこひめchanを口にほりこもうとしてます
それに森野が子どもはと言うけど、じーさん、再選がねぇとか
あらん秘書さんそれを止める
あ、ひめ、嫌いじゃなかったけど、今のあんたは大嫌いと
で、じーさんぽい
としたら
森野助けた
で、ふさわしい奴がいたら、譲るけど
こいつは若すぎると
守られてまもることを覚えると
だから、こいつはワシが守と
んで、篠塚さんを呼ぶv
で、それに篠塚さんタスケテ自分はぱくん…って、ちっさいころに守られたのね
んで、森野、最後まで反対したのは奴で、助けてくれと
それにひめ、合点承知と
あ、そこにことはちゃんv
で、刀をだし、
あきな、チューニングをv
って、あきな、苦しそう?
あ、あおちゃんおきて
じーさん、なんか次元からずれてくとかイイ、……じーさんの心が分からないと
で、幻を見せ続けるのをやめたら
あおのにーちゃん?
で、所長さんはわかってると
ひいずみの力で
なんとひいずみえんようの子孫だって
銀chan…次元の融合を止める為にだって
で、都合でとか言いつつ
なんだそれはとかいえば
なんと人柱にされたんだってv
で、七号は次元を融合するための楔だって
んで
あきなのからだをもらうんだって
で、幻の竜槍でつき、カッターで突き刺し
鬼兄妹が切れたv
あ、ことはも切れたv
ついでにひめもだv
で、殺そうとするけどおっchanがとめ、
土地神様が止めて
ぎんは逃げたv
あ、姫メモで助かったらしいv
で、みんなでぼこぼこ
で、土地神様、9歳でなれるかっていい、森野さん来期も町長v

台風一過
ひめはご機嫌です
あおは…寝込みv
こひめも落ち込み
じんろくさん、それにひめのちっさい頃を思い出し
ひめのためにつくった皿をこひめにあげたv
あらんv羨ましがるひめは…鈍かったv



   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<弱虫ペダル7話 | 月読みの森 | 黒子のバスケ32話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |