月読みの森

弱虫ペダル8話

道をふたつ示されて、即答の坂道君
ケイデンスを30あげて走ったら
山道で後ろから来る坂道を感じる今泉と鳴子
そして坂道も
追いついたよー----と笑って泣いて、
一緒に走ろうってさ
後ろの面々も吃驚v
あらん、監督も乗ってるv
これから楽しみだってさv
まきしま先輩は、荷台v

並んで走る坂道君v
んで鳴子が先発、坂道追いかけ、今泉も追いかけるv
でもvうん、坂道はえだをよけず、路面の傷も避けず、…の様子に鳴子君しっかりと分かる
真っ直ぐ来たんだなってv
で、それに応えるお二人さんv
まずは、鳴子で…全速力v山でスプリントだってv
六甲山で練習したってさv
で、それに今泉も答えるv頭脳で走るのが自転車だってvで、蘊蓄語るも
坂道君も答えるねぇv
今泉は……登りで笑うんだってv
まっきしまくんv田所さんは意地悪v
で、坂道君の魅力を監督は語る語るv自転車の根源的なおもしろさなんだってv
うん、楽しんでるね
で、それを見て、今泉は10パーセントあげて行く、鳴子は斜度の変化に弱く遅くなる
それに…鳴子は行け、と。んで行くv
後ろはドンドンおもしろがってるv天性のクライマーと認められているね
でも今泉は抜けないと。技術的にかけていることがあるらしいv
あ、今泉も分かってるねぇv
でも監督はv
あらん、鳴子君になんかレクチャーしてもらってるねぇv
で、今泉くん、も、いつもと違う走りでvペースを上げたんだってv
あらんここでかんざき妹の回想v昔から変わった子だってv
で、妹ちゃん、坂道君と走るときは、昔に戻るってv
今泉は……頭脳戦をやめたv熱くなってきたねぇv
坂道君は…………も、ケイデンスをあげたv
で、追いついて、今泉もあつくなってきたってv
そしてあと500メートル!




   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<IS7話&8話 | 月読みの森 | 夜桜四重奏~ハナノウタ~8話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |