月読みの森

夜桜四重奏~ハナノウタ~9話

あれ?
何の話?
つか、ざくろさんって何者?
落ちて田のね、いつか?
で、ひめちゃん、くしゃみで……かぜ?
で、ミイラにされて、運ばれてった
ざくろってのが作ったのは、……墓?
ざくろさん、ラーメン屋さんでお手伝い?
んで、出前行くことになったのだが、…って、なぜ、リンゴを上にのせている?それに対しての視線なのだが……ちょっとちょっと誤解してるねぇ
で、あきとであい、…誤解
そして元に戻る
で、今度は秘書さんと出会い、……誤解して攻撃しちゃいますv
そこにことばがきて、誤解を解く、とv
で、一緒に歩きながら、八百屋さんに差し入れをいただきますv
ああ、助っ人って、そういうことv
で、他の半揚の人も紹介して欲しいという言葉に……ちょっと動揺して、人間と妖怪を言いつつ、……墓に案内するv
うん…はんようってえのは、あんまりいないとか
で、そこでことはが喋るvココでの幸せは、期限付きだから、今を確りとくいなくいきるってさ
んで、味方につくのか?
んで、墓掃除をして行くと…あ、花束がアルv…のをねぇ?
あらん、あきちゃんが来てたのねv…まきはるじーちゃんの墓参りにv
あーんどもりのさんとこひめちゃんもv
森野さん、ばーちゃんに世話になったらしいv
うん、じーちゃんを送ったのは、あきさんだったらしいv
で、森野さん、妖怪が天寿を全うできるイイ町だってv
あらん、そこでぶれが大きくなってるねぇ
で、そこで次元の何たらが起きる化って言ったら……狐にーちゃんがv
んでいろんいろんと挑発?
して、あの世のことを直接脳裏にたたき込んでやるってさ
ってなにもないよん?
で、あきちゃん倒れる??????
怨恨のみしかないのか?
で、あきなの体をいただこうとするが
一応はかにのるなと森野がv
そこへ元老院のじーちゃんが…狐ちゃん翻弄されるねぇv
一歩も動いてないしねv
あ、珠理ちゃんがおとして
あ、お付きの人?も陰陽道で押さえつけてるねぇ
陰陽道って科学なんだってv
でも力任せにはね返し……人間らしくないって捨て台詞をはいたら、お堂の下からあきちゃんがv
そりゃそうだとv化け物はお互いダロってv
で、逃げる
元老院の2人組は帰るv墓に乗ってはいかんから、だってv
で、にーちゃん、あたまがむずむず?
で、狐にーちゃん、なんか悟ったらしい?
ンで、いただくとか?
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<弱虫ペダル9話 | 月読みの森 | 黒子のバスケ34話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |