月読みの森

マギ2期13話

アラジンちゃん、1学年の修了式前夜で…いろいろとv
なんと同期ではスフィントス君とアラジンのみだってv
でも他のも…来年は進級するってさv
で、お手紙書いてるのかな?
んで、翌日の修了式で…首席は…アラジン以外の人
すんごいマギをつれていた
それに目を奪われるアラジン
で、寮に行ったら…ティトスの取り巻きが乱暴をしていて
ソレを見ていたら…アラジンを友人にしてあげようといいますねぇ
でもそれに対して…もしかして男の人なのかいってさv
…あら?先生?なにをいってるのですか?
で、対立してる2人のとこに、学院の長さんがv
で、アラジンさんちょっと複雑な思いを抱く
でももがメットさま…頭をなでなでしたので、…普通のおじいちゃん西かみえないってさv
んで、先の台詞v実践の対戦だってv
で、いきなり対戦v
でもできなくて
重力の魔法でウーゴ君をつくりました
でも
アラジンの魔法を単純だとイイ…複合魔法で吹っ飛ばしますね
…調整魔法だって
あら、アラジンも複合魔法をv

お互いに腕に宝石をつけているのを発見
え?
と思ったけど…そこで引き分けとなりましたv
んでいろんなとこへと推薦すると
そこでアラジン、君と話がしたいと言うけど…ティトス君は僕のつとめが果たせないと殺そうとする!
学長が助けるけど、アラジン、頭から血が!
んで昏々と眠るアラジン…夢を見る?
ソロモンの夢を!
なんかすんごいことになっていて…あ、目が覚めた…それを止めたいのねv
って、ティトスって…レーム帝国の人なのね
うわわわわわわ

   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<今日は | 月読みの森 | 宇宙兄弟88話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |