月読みの森

ノラガミ1話

……まずは受験に対してのいらいらをおんなのこにぶつけて…その子が神さまタスケテといったら
やとさんがききとどけて
はんきってのが呼ばれて武器になりってやつ
でも
すーぐに手汗が気持ち悪いとやめさせてもらうとかv
で、武器なしになって…
でもいろいろと仕事してますと
ウエサマというネコ探しをすることに
そんでそれを横目に女子高生がお話v
んで
やとさん猫を追いかけていったら、それをみた女子高生がたすけて幽体離脱v
本体はバスにはねられてるv
本人無自覚v
ンで何とか戻って…やとのことはみんな曖昧v
夜中、何かが聞こえて目を覚ましたら、やとさんが様子見に来てましたよ
…しかもなんか2人で漫才してるしv
…なんかさらっと重要なこと言ってるよ
のらとかさv
ひよりちゃん…とりあえず、学校に…いったんだけど…時々眠くなるらしい
んで帰り…ジャージの人のこと思い出し…猫を思い出し…
ウエサマを探しましたとさv
んで、そこでふらっとして眠くなり…何かの臭いを感知
あ、やとさんウエサマとそうぐうするも……
なにかとも遭遇
で、逃げる…しんきいないからv
で、そこにひよりさんがvしっぽつきのv
で、…蹴り飛ばしてますが?
でも流石に無理で、やとに抱かれて逃げます
で、そこで幽体離脱を実感v
で、とりあえずウエサマを子どもに返す
んでひよりはおんぶして…じじょうせつめい
なんと行きながらにして、あやかしになったとかv
で、体を落とす体質を何とか改善して欲しいと言えば
五円でねがいをききとどけましたってさv
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<弱虫ペダル13話 | 月読みの森 | 黒子のバスケ38話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |