月読みの森

黒子のバスケ41話

第三クオーター…
今吉が黒子のについて、
どんどん点を入れられて
ミスディレクションも切れまして
今吉以外の人もオフェンスについても見えるようになって
周囲の人間ももうだめだなと思った
勿論とうおうも

頑張ったけどなっていわれて
来年頑張ったらええヤンとか言われて
でも
黒子は聞いちゃったらしい
木吉が今回限りでプレイがおしまいだって
だから
今かたなきゃっていい
目を見開く
したら
あれ?
いづきくん消えた
あれれれれれー?
それにみんなもびっくり
それはなんと、ミスディレクション・オーバーフローだって
黒子が見える…つまり黒子に視線集中して、みんなを見えなくすると
すんごい集中力いるけどね
でも
緑間…そうだね、
この後のこと、なんも考えてないねv
とりあえず、今勝てればいいと
後のことは後で考えればいいと
で日向とかにも使ってます
でも
あれ?
桃ちゃんが吃驚してる
聞いてなかったという青峰
ソレを見て、中学時代を思い出し
ほんの少しだけど、昔に戻った、と?
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<ノラガミ4話 | 月読みの森 | マギ2期18話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |