月読みの森

ログホライズン 遠征軍

王女様、あきばへとやってきましたv
ンでその賑やかさ?に、ちょっと怖じ気づいてます?
シロエに王女を任し、シロエはどっかへと誘いますv
城では…一人で残されたのか字やさんがえとえとえと…してたら、そうじろうさまがモテモテモテv
あら、姫様は…v
コスプレ…いやいやいや、防具とか武器のとこへつれてかれましたv
あ、ちびさんたちは差し入れで、バーガーを食べてて
アカツキに着替えさせられましたとv
んで
説明大会v
そこで戦術が分かり地図が読めるのをみて、姫ちょっとショックv
しかもシロエちゃん、損得で言えば、助ける必要はないといいきり
その上で姫を紹介してますねぇ

姫何とか力を貸して欲しいとお話をします
自分も戦場へ行くからと一緒に来て欲しいとお願いしてますv
で、みなさんは…女神だとイイまして
それに武器をドンドンしたりして意思表明をしますv
んで円卓会議からのクエストとして
レベル四十以上で
クロスティが指揮を執り
シロエが参謀にナルト
おvで、シロエは後々どうなるか分からないので、拙速をモットーとすると
んで、蒸気基幹線をつかって、準備できたとこから持って行くと
シロエは、参謀本部を立てるってさv
一千二百名つれてv
鍛冶屋さんは…つっかれたv
とこへ、領主様がお客様となり、一緒に昼食取って……今回の姫の行動がいろいろとかv
んで腹の探り合いは進まないので、中身をとか
いえば、
まずはゴブリンの絶滅
同盟を取り込もうとするのはむりなので、不可侵条約と通商条約でってさ
今回のことに関してはどうしましょうっていいますが、鍛冶屋さんは……ま、いいじゃないかとv
あ、領主様も孫に責任をってさ
で、孫娘は……悶えてますねv
そしてもやもやしてますとか
でも自由は守りたいとv
ソレに何か言いかけるも…ちょっと遮られてしまいましたv
みのりちゃんたちは無事に戻ったようですねぇ
あらんまりえさんもちょっととか思っていたようですねぇ

あら、ルディは……

あ、編成発表してる
で、ロードちゃんは指揮できる人だってv
姫の護衛には十二人つくので、勝手に葉行動しないでねって
あ、ロードちゃん、こわこわこわv
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<宇宙兄弟93話 | 月読みの森 | 銀の匙 秋の巻 3話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |