月読みの森

ノラガミ5話

まずは雪音にいっせんを教えますv
あ、ちょっとほめてでれてますがv
これは神器だけの力だってv
しかもやとが知るしんき中でもすごいですってv
で、
ノラのことをきいたら…都合の良い女だってv
うん
え?だね
ので、ひよりちゃん…雪音君を預かるとv
でも…よからぬことを考えると、いたいんだって
でも
雪音ちゃんいっちゃったv

ひよりちゃん…すごい家の子v
あ、やはし他の人にはみえないとv
んで、おにいちゃんの部屋を使うことに
あら、やと、両親についてやってきましたとv
…やと、ちょっと説明
神社や境内は神域だって…雪音は闇を怖がってるからってさ
あらん
雪音は気にしてると
…ちょっとえちだけどv
夜、寝てるとこにねにきたv
暗いと落ち着かないとv
ひよりは…なんかいってるしv
で、雪音は…なにかしようとして、やとにらちv
ああ、雪音嫉妬ね
でしけてる夜、ライオンにのったお嬢さんがやっつけてました
あら、買い物してたら、…無断で借りちゃったよ
それにひよりちゃんはだめだと
で、そこにやときて、…魔が差すとさされて
神は善悪ないんだって
ちょっとそこでこふくちゃんを思い出す
その頃の雪音…暗くないとこを探して…女の子を見つけ、
…女の子、死んだ女の子、闇に墜ち
やとはきって、助けてやる
……ちょっとわいわいいったけど
きるしかないと
あ、でも女の子、ゆきねのとこへ来て、
って、やと?
あら
やと情報を誰かがv
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<おや | 月読みの森 | 黒子のバスケ42話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |