月読みの森

弱虫ペダル20話

箱学の主将のとこへトーナメント始まるので、すぐ来てってさv
うんそこで誰がって感じでお話しv
つかまなみさんがくの話v
でもだれでも言い、強ければってさv
で、そのまなみくんは…委員長にとっ捕まって、サボりとかの代わりにプリントやれと言われてますv
つか、委員長、あなたツンデレv
でもまなみは朴念仁v逃げ出して確りと決勝戦へv
んで、始まるv
…なんか坂道君達のウェルカムを彷彿とさせるね
で、ちょっとカチューシャ君…もといとうどうが弄られていますねv
うんどこでも主将は主将なのですね
それらを無視して二人は黙々と走るv
坂道君と違う点は、山岳君は素人ではないようですv
天然だけど、ねv
あ、委員長がまなみくんを尋ねて来て…知らない真実を知りますv
つか、委員長と山岳君、幼なじみなのですね
しかも山岳君、ちっさいころは病弱だったのねv
しかもこのころからツンデレですねv
しかも山岳君は不思議ちゃんだねv
生きてるとかってねぇ
ともかく外に連れ出そうとしてサイクリングに誘います
で、そこで自転車に目覚めるのね
で、それ以来、すんごくなったのねv
生きてるって感じているから
んで、ペースを上げて相手に追いついて行きますv
でも黒田君も負けていないね
そんでいよいよレース本領v
そして勝負をかけて…かぜを味方につけて……勝ちますとv
で、主将、インタビューに勝ちますよとv
山岳君はプリントしつつ、にっこにこv
その坂道君は1年達と先輩のうちにv
って、私服がねぇ
で、そこで見たのは、…箱根駅伝v
うん、先輩への感想がまちまちだけどねv
で、それは道を見るためだって
道を知ってるのと知らないのでは違うってさv
だって、そこと同じ所を自転車で登るんだからってv
デ、箱根は初日で、三日アルのに初日でだから、全力はダメなんだって
去年は箱学の主将さんの落車に巻き込まれ、金城さんもケガしたんだってv
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<そういや | 月読みの森 | ノラガミ8話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |