月読みの森

魔法科高校の劣等生1話

…始まりは説明で
妹ちゃんの
お兄様語り
で、始まる
お兄様と妹の高校生活
年子の兄妹
4月生まれと3月生まれ


入学式前にちょっとケンカするけど…うんブラコンとシスコンだねぇ

悶える深雪ちゃんvうんv
で、説得して新入生代表へと送り出しますv
うん始まりから差別はアルのね
あらん
そこで生徒会長さんと出会います

入学式でしばたちゃんとちばちゃんに出会い…
ナンバーズってのが出てきたね
そんで深雪ちゃんがv
その後は、妹ちゃんと待ち合わせv
そこでしばたchanの『目』は、ついてりょうしほうしゃこうかびんしょうvだってv
あ、で、深雪ちゃんと親交を深めますv
そこで、生徒会長意味深にv副会長は…敵意丸出しv
なのだが…二人の世界を醸し出しますv
戻ったら……深雪ちゃん怒ってますvお父さん達が、お兄様にお祝いをしなかったからとv
お兄ちゃんは…淡々とv
次の日の朝、早朝だね。魔法を使ってお寺に
忍び、なのね
お兄さんはお弟子さん達と格闘v
師匠さんは深雪ちゃんにちょっかいv
それにお兄様はダー目だよと言いますが、………一往やられますねv
深雪ちゃん、CADってのを使って自分とお兄様を綺麗にv
ンでその後、学校でキーボードオンリーで打ち込むのを見ていたレオ君が仲間に加わりましたv
そしてえりかとレオ君は…ケンカ友達になったのねv
…先生がいるのが不思議だとかv
で、次に昼ご飯v
深雪ちゃんが一緒に食べたいと言うけど…深雪ちゃんのクラスメイトちゃんたちがいらんことをいい、一触即発v
それにお兄ちゃんが宥めてくれましたけど
放課後……お兄さんと一緒に帰ろうとする深雪ちゃんを取り合っていましたv
で、森崎君、えりかちゃんにやられ…
女の子が止めようとしたところで
生徒会長と風紀委員長が止めに入り
お兄ちゃんが説得してますv
うん
差別があるとさ
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:2 | ∧top | under∨
<<うふふふふふv | 月読みの森 | 銀の匙 秋の巻 11話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

魔法科高校の劣等生の第1話を見ました。 第1話 入学編I 魔法が伝説や御伽噺の産物ではなく、現実の技術となってから一世紀が経とうとしていた。 そして、春。今年も新入生の季節が訪れた。 国立魔法大学付属第一高校―通称『魔法科高校』は、成績が優秀な『一科生』と、その一科生の補欠『二科生』で構成され、彼らはそれぞれブルーム、ウィードと呼ばれていた。 「深雪、お前が答辞を断... …
2014-04-14 Mon 21:05 MAGI☆の日記
第1話「入学編Ⅰ」 本屋さんでよく平積みになってるし、人気のあるラノベなんだろうなぁ~くらいの知識で視聴。いやほぼ何も知らんw アバンの第3次世界大戦つーのが本編時間軸の未来か過去かはわからんが、火力戦にならなかったのは魔法戦争だったからだとか。 魔法が不可思議な能力ではなく、技術として成立した世界なんですね。 どれだけ使いこなせるかで優劣が決まるという事でいいんだろ... …
2014-04-14 Mon 21:34 いま、お茶いれますね
∧top | under∨
| 月読みの森 |