月読みの森

弱虫ペダル26話

頂上決戦でファーストリザルトを取ったのは、田所さんでしたv
ンでそれが後ろに伝えられ
おおv
箱学がトップを追われ……総北がトップになりましたv…モーゼの十戒ですか
…坂道君…焦るけど、巻島先輩が下がるなよってさv
田所さんは…喜んでいますv
かんざきくんに認められてにっこり
鳴子は…ボトル捨てて…田所さんからボトル貰って…お互いに…漫才しています
それに箱学さん、コーンをなぜよけなかったのかと聞けば、タイムロスだって
で、
それに田所さん…経験から学んだことを語り…
勝ちと負けが足らないんだと
それにたまたまだったと言うが
でもその時に何を思ったと…俺たちはいける、だって
それに…いずみだくんゆっくり休んでくれってさ
後方には…スプリンターが戻ってきて、もうすぐ山だから俺たちの仕事だって
あららん戻って来た二人を見て、坂道君ちょっと思うv
金城さんは、二人が役目を果たしたからだってv
んで、オーダーをv
坂道君に駆け上がれってさv
で、山岳ステージにいこうとしたとこで、とうどうくんが自己紹介…で、どん引き
したが、得意分野でがんばれってさ…敵に塩送るなよv
あ、でも来たのは、宣戦布告なのねv
あら、巻島先輩…テンション高いねv
で、ポジション争いするんだけど……
給水所で…坂道君が来てないと判明…落車に巻き込まれたのね
みんなちょーーーーーーと暗い、うんそうだねぇ
坂道君は、空を見上げて…止まっています
で、現実を確認して…でも動きだし……チェーンをもたもたと直し
でもなおっても…最下位で…
金城さんは…悩む
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<魔法科高校の劣等生2話 | 月読みの森 | 星刻の竜騎士1話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |