月読みの森

魔法科高校の劣等生3話

服部君を倒した技を、魔法を展開していたのかと問われ、…身体的技術で、九重八雲さんの指導を受けているってさv
で、あれはさいおんの浪を作り出しただけですってv
倒れたのは、酔ったんだってv
あ、市原さんが浪の合成だなといい
実技の評価は低くないと言うけどねv
あーちゃんはCADがSilverモデルだとめをきらきらしてますねv
うん、ループキャストに特化されているのですってv
でもそれだけではなく、…かへんすうかというのをしているのですが、…それはひょうかされいませんってさv
それに服部君が起きてテストが云々がってこういうことかと
で、深雪ちゃんにのみ、謝罪v…それが精一杯ですねv
で…まりちゃん風紀委員会本部へ連行していますv
…そして魔窟の本部を達也君片付けていますv
まこうぎし志望なのでってv…C級までのライセンスしか取れないからとv
で、かたづけしながら…スカウトした理由と…それはあんまり意味がないなとかv
うん、まりちゃんv
森崎君が教職員推薦枠ではいるのだといい
あ、そこに風紀委員が入るが……達也が服部をいなしたと識るや…手を差し出して認めますねv
うん真理ちゃんが差別嫌いなので、生徒会枠とか部活連枠ではその意識の少ない連中がくるんだってv
夜には…深雪ちゃんが調整をお願いしに言って……なぜか八つ当たりして迫って殺してますよ
でも
お兄ちゃん、あっちゅー間に再生して……何か怒らせたかとかいろいろいろいろ言ってますよv
うん
こわこわこわv
んで…いよいよ風紀委員会…そこで森崎さん、睨んでますねv
あ、ちょっと仕えるんですかとか言ってますが…まりちゃんの一言で納得したのかなv
でみんな行きますv
で、レコーダーと腕章貰ってますねv
んでCADも…在庫…旧型ですが、高級品ですとかv
で、ふたつもらって…あ、森崎君ちょっと嫉妬かなv
お兄ちゃんまわりながらエリカを助け…一緒に剣道を見に行きますv…見たからv
あら、そこで
剣道部の人に剣術部の人が絡んで
桐原君という人が…挑発したらしい
あ、達也君録音?録画?してますねv
壬生さん勝ちまして…桐原君…魔法を使っちゃいます

それを阻止すべく達也君動くv
CADを発動して魔法を無効化して…取り押さえますv
で、魔法の不適正使用で、なのだけど
他の奴らも突っかかってくるので、それら全部を取り押さえますv
つかさ主将、オモシロいなぁとさv
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<金田一少年の事件簿R香港九龍財宝殺人事件ファイル4 | 月読みの森 | 蒼き鋼のアルペジオ~アルス・ノヴァ~3話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |