月読みの森

ベイビーステップ5話

試合の朝…4時半に目を覚ましてしまいましたv

ノートを見て
そんでとりあえず試合会場へと到着v
して受付したら…相手も来ていて、早めにするとかv…雨の予報とかだってv
そこになっちゃんがv
ついでにその他の皆が
そんでちょっと誤解?
でそこでなっちゃん解説v
そんで緊張のあまり……周囲の船頭さんに翻弄されてるv
で、10時半になって…試合開始で…たくまくんは一応アドバイスv
それで落ち着いて……いったんだけど……ちょっと緊張v
で、始まったら…まっ白になったけど…きれーーーに返しましたv
二度目もv
したら…練習の成果で体に染みついてるし
視力も良いってさv
で2ゲーム目…サーブをするんだけど………サーブは……ひょろりんv
だけど、そこでたくま先輩見て、思い直すv
けど、ゲームを取られましたv
そして…大林…スピードを抑えてうつv
うん
初心者だからってさv
で、しっかりとノートに記入v
でも
試合の流れは大林に
で、その中でえーちゃん、これが試合だと実感して
で開き直るv
できる事だけってv
そんで視点を完全に変えてって

ボールより先に行きました

   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<星刻の竜騎士5話 | 月読みの森 | ハイキュー!!6話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |