月読みの森

蒼き鋼のアルペジオ~アルス・ノヴァ~6話

うん
今回は…
はるなとまきえの…あ、きりしまもいれての友情物語v
まきえの作った爆弾を敵に渡さないために、まきえを殺そうとする軍
それをなぜかは分からないけれども守ろうとするはるな
まきえは……にげたけど、
それははるなたちを逃がすため

ナノマテリアルがなくなってきて、偽装がばれ、
まきえははるなの元へ、

だんだんと力が落ちてきて、
はるなは
「だれかたすけて」と
したら、そこにイオナが来て、
敵の機械を全部やっつけます
で、何でと問えば、
助けてと言ったから、助けに来たと
んで
今一度まきえに友達になって欲しいというはるなv
そして彼等はイオナに同乗し、硫黄島へと向かう

その硫黄島では、
たかおが…だれかと遭遇していたv
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<魔法科高校の劣等生6話 | 月読みの森 | 弱虫ペダル30話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |