月読みの森

弱虫ペダル34話

伏見が来て……周囲は…ざわざわ
今泉も…動揺
御堂筋…挑発v
そして……さらなる挑発
そして誘惑する……………けどねぇ…嘘だよねv黒いね

一列で行っちゃった
んで、…今泉君打撃を受けた?
で、御堂筋君……追いついて、…潰すと宣言v
そして御堂筋君の言動に…筋肉chanがもの申すv
あら、みなさまも冷たい視線を向けてますね
で、誰をダスト言えば…御堂筋が出たv
で、すっさまじい威圧感がv…でもしんかいさんが抑えるvで、しんかいさんが走るってさv…ばきゅんポーズ出してv
で、取りに行ったvリザルトをv
………御堂筋…ちょっかいを出すも……しんかいくん動じず
しっかも速いはやい速いv
御堂筋、お前もはや人間じゃねぇ
で、屈辱だと言いつつ……はっやいv
でもまった抜き返し……
そして回想v
おおv2年の時に福富と一緒にレギュラーになったらしいv
でもしんかいさん辞退したらしい
重いかららしい
で、…………そこで闘争心がないとかはなぜかと
なんと、飼っているウサギの親をひき殺したらしいからv
で、今は全力でペダルを踏めないってさ
でも来年は走れと言われ
説得されて…今走っているらしいv

……御堂筋よ…
その叫びは…人外だ

   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<< | 月読みの森 | 星刻の竜騎士9話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |