月読みの森

蒼き鋼のアルペジオ~アルス・ノヴァ~10話

あら、イオナのそっくりさん達見守る中。
イオナ沈没していきますv
ぐんぞう、ケガしてますv
フルバーストの影響で気づくのが遅れたらしい
でもとりあえずオートで治そうとするけど…プログラムを受け付けない状態に
なんか潜水艦sがナノマテリアルを書き換えた?
いおなs乗組員達は…心配していますv
超重力報道史が干渉し合ったので、いろいろとできないことがあったらしいv
そして……たかおと日向はケンカするけど、…はるはるの提案で消えた空間へv
…こんごうは……潜水艦sと対話…
そこで潜水艦sはこんごうの監視だってv
それにショックを受けつつもまやのアドミラリティコードにしたがっていればいいとの言葉に頷く?
たかお切れて潜水しかけるけど…やはし無理v
でもそれで諦めず…ひゅうがの玉子借りて潜るとv
そのころのぐんぞうは…とりあえずいらんとこを捨ててパージしつつ待ちの体勢
で、ちょっと昔語り?

生命維持を切り離したので、ぐんぞうちゃんだいぶん悪い
で、何とか助けようとするも、船体維持にまわせと
そしていよいよ危なくなったら、お前だけは生きろと
俺を切り捨てろとさ
でも
いおなちゃんはそれを拒否
自ら核だけになってぐんぞうをまもります

それをみたたかおちゃん
入るすきないじゃないのよと…自らとイオナを融合させていおなとぐんぞうを救いますv
きれいだねぇv

それを聞いたこんごうちゃん
潜水艦sにロックされて……
まやも監視だと言われて
呆然
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<魔法科高校の劣等生10話 | 月読みの森 | >>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |