月読みの森

魔法科高校の劣等生12話

裏ではレオが新発明のを実験中
刃が離れて戻る
…硬化魔法…場の固定をして、伸ばしてってさ
次はわら束を切るv
なかなか順調のようですv
で、翌日…まりさんのサーフボードv否バトルボード
で、…そこでアクシデントが起こりますv二位の人がオーバースピードでまりさんにぶつかったのですv
でもそれは……故意ですとか
で、みきひこにきいたら、精霊魔法では可能だと
で、大会関係者が何かしたのではとさ
うん
達也君が語るのを聞くに、そうとしか思えませんよねぇ
でもどんな細工をしたのかは分からないと
で、とりあえず、生徒会長、総合優勝のために
深雪さんを新人戦を棄権して、ミラージュバットに言って貰うってさ
だって三校が差を詰めているからだってv
んで達也さんがそのまま専属でv
…あららら、深雪さん、達也さんの言葉に、はいだってv
うん、優勝できるだろうと言われて即答するとはねぇ
ブラコン妹としてはがんばるっきゃないですよねぇ

他の子のも一緒にしてあげて
ほのかさんのもぜんぶはできないけど、ミルよと
雫さんのもきちんと調整して貰っていますv
おおvすごい
で、女子はぜーーーんぶ予選通過してますねv
男子はいまいちv…技術スタッフを育成しようとしますねv
雫chan…優勝するよと宣言v
さぁきゅうこうせん
クライマックスだねv
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<金田一少年の事件簿R獄門塾殺人事件ファイル4 | 月読みの森 | 蒼き鋼のアルペジオ~アルス・ノヴァ~12話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |