月読みの森

弱虫ペダル38話

…後ろで総北の後援部隊が話し合い中v
その頃の実務部隊、走り中v
そんでいずみださんは…声をかけますが…あらきださんは…通常運転中
そして文句vいうけど
しんかいさんは…充電中でしたか
………うん仲いいねぇ…お二人さんv
そしてどうやっておいつこうかなとかv相談してるねv
んで、追いつくために…山岳君が引きますってさ
それにしんかいさんとあらきださんがいき、いずみださんも復活v
おおvあらきだくん分かっていますねぇv
んで…ふくちゃんは…真の強者だってさv
そんで、追いついてきたよv全員v
そんで漫才してますねv
それに伏見chanたち焦る焦るvんで、金髪ちゃん飛び出すけどねぇ
御堂筋君の恐怖政治に止められますv
…うん、御堂筋君それでもいつもの口調でどっちがとか言うけど
福富君…どっちがではないと言い切る
それに…ちょっと焦るv
うん来ましたv総北6人v
で、坂道君を量産型でないと認識v
そんで…三つどもえv
あらん、坂道君倒れかけて、鳴子君がささえて、
ここからが本番だとさv
伏見さん、焦ってます…ばらけたのに、……もう一度集まってもう一度ここまで追いかけてきたと…吃驚v
でもふくとみさん…どうやって戦うと…そのぼろぼろのチームでと
それに金城さんは意思があるとさv
後ろでは坂道君と鳴子君の掛け合い…で、ここでリタイヤした…いと思うけど
今泉栗田それはダメだと言い切るv
お前は今まで全部やり切ったと
で、思い出させて貰ったと…想いは届くと
三日目見るんだろうとvできないのなら、俺が連れて行くとv
それに…福富産は…わかったと
伏見は……ハエと便所ばえとさ

最後のスパートv

箱学ではとうどうが出てきて…それ見て、田所が来たv鳴子も来たv
って、伏見は?
あ、福富産、喜んでいるねぇ。ライバルと言えるのは、お前らだけだとv
あ、で坂道君も独白v
で、二組でやってるのだが
伏見フェーズ49やて
あ、箱学何かをするってさ
っておいおいおいおいおいおいおいおいおい
つづきは?


   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<黒執事…のぷれv | 月読みの森 | 弱虫ペダル37話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |