月読みの森

魔法科高校の劣等生14話

…まさきとじょーじが会いに来て…達也を確認vしにきたとかv
それに達也君深雪ちゃんを先に行かせて
言葉の応酬v
そして、六日目の…水上ボードではみついさんの光対策vに黒めがねv
だけどん…影を利用して光と影の境目で追い抜いてくv
で、新人戦が一高独占状態ですとかv
で、大会から…同率一位でどうかと言われるが、雫は戦いたいとさv深雪さんも受けて立ちますとv
んで…二人の決勝vで、深雪ちゃん…一機に勝負をつけたのかv…ニブルヘイムってのでv
あ、雫chan落ち込みモードにほのかちゃんやってきて…悔しいと零し…お茶をする二人v
達也は…まさきを考えるvって、まさきくん実戦経験済みなのかい
ついでにじょーじくんも天才とか
…で、森崎達も気の毒にとか、…思ってないだろうええ?
んで、様子を見に行ったら…何かがあったらしいとか
うん…廃ビル…で、殺傷力の高い魔法の使用があったとか?
で、………十文字君が交渉して……棄権するのかとか?
で、妨害工作かどうかという話を裏でしています。…でも、前のこととは無関係ですとか…香港系のやつらだとかv
うん、賭のためにってあんたらねぇv
で、翌日v
ミラージュバットの注意点をお嬢さん2人にv
んで始まったとき、観客が言ったトーラスSilverみたいとか逝ったのを聞いて、あーちゃんは、…トーラスの正体に気づいた?
あ、で、その夜?達也呼び出しを受けて…感謝をうけて…
このままでも準優勝だけど、…優勝を目指したいといい
達也にモノリスコードにでてほしいとさv
勿論、理由を問えば…ねぇ…一応、断りますね
でも…それに十文字が甘えるなとさ…うん…チームのメンバーとして責任を果たせとさ
それに…諾と言うけどねv
達也以外のメンバーは達也が選べと言われ…メンバー以外からでもイイとさ
それにみきひことれおだってv
よく知っているし、
実力があるからってさv
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<きれーにv | 月読みの森 | 黒執事…のぷれv>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |