月読みの森

RAIL WARS! 2話

主人公ちゃんv
公安に配属になりましたv
講座を受けた仲間と一緒にv

手作業で列車の搬出作業v
くっろいやつv…ブラックスターだってv
って、爆発物除去の人を運ぶのねv
あら、で、それを見送る4人組v
って、主人公ちゃんは運転手志望ですとかv
で、お留守番だったので、良かったらしいv
…さくらいさんはそれが不満らしい
あら、今度は迷子で男には手が余るらしいvんで、はるかちゃんが活躍v
で、不満を班長さんにぶつけるも…あしらわれるv
あ、前回のわんちゃん…お迎えに来てもらえるらしいv
んで、女子一同でお昼に行きまして……デザートに液体窒素を使っているvとv(伏線v
男共は…ポスター貼りのところで…爆発がv
んで、東京駅にバック弾を仕掛けたので…一億円を用意とさv
で、とりあえず、2時50分まで探して……無理なら金を渡そうとv
お客様第一だと
しかし…東京駅のコインロッカーは多いのですよねぇ
でも高山君v、お客様達が安心して利用できるようにしたいからと言い、それにさくらいさん、何かを感じる?
時間がなくなって…さくらいさん…意外なとこだとイイ、
犬が吠えだしたのが妖しいと言ったら…ほんとに言って
耳を澄ませたら、ほんとにばくだんだったとかv
で、さくらいさんが慎重に対処v
つり下げて、カッターで布を切り取ったら…爆発まであと15ふんだとか
で、戦うしかないってさv
ああ、解体はお父さんに習ったとか?
はるかちゃん触るなといい気にきたが…おそしv
いろいろとやってますねぇv
その間に、駅長さんはお金をv
ばくだんは…間違ったのを切っちゃったので、さくらいさん何かを探しに行ったとv
はるかちゃんは…高山君の力になりたいのって言ったけど…お客様の安全第一だと言われて飛び出していきましたv
で、
高山君走馬燈状態??????
の時に待たせたなと戻ってk地荒何かをスプレー
で、ぎーりぎり五秒前で停止
あ、犯人は確保されましたv
ばくだんも終わったらしいv
液体窒素を持って来て、電気が流れないようにしたとかv
で、力尽きて…もたれかかりましたと

んで
高山君、班長代理に任命されたとかv
そして運転手への道はまた遠のきましたv
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<Free!ーEtarnal Summerー3話 | 月読みの森 | ベイビーステップ16話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |