月読みの森

魔法科高校の劣等生18話

一高の祝勝会ですv勿論アルコールはありませんv
デ、明日で最後とかv
達也さんは、おやすみですv…でもほんとは?
あははのはvしっかりとぶっつぶしに行くとかv
デ、先生に情報をいただいていますとv
んで藤林さんの車に同乗v
そして小野先生についてのいろいろv
くどう閣下は…達也君のこと、知ってますねv
そんで、…もったいないってさv
んで、四つ葉を弱体化させるとか?
頭ひとつ分突出するのは、困ると
でも、おじさんも知っているとさv
んで…今現在、戦力だって、しかも単独で戦略核兵器に匹敵するとvそれを1人に責任持たせるのは、刻でしょうとv
あ、敵側でも達也の噂v
デ、ビルの屋上から何かを打ち、…一人ずつ消えて行く?
そこに電話…達也からだってv
藤での返礼だって
護衛も消されまして…しかも電話も達也だけv
んで、…日本空手を引くと言ったけど、…そんな権限あるのかと
んで、ボスの名前は…リチャードスンで、孫さんだってv
それで周囲の人間消して、何でと言うのに、逆鱗に触れたからだってv
あらやんv三年前のv
そして翌日vモノリスコードでがんばっている隙に
達也君、軍の人たちと情報交換中v
ノーヘッドドラゴンは、そーサリーブースターの供給源だってv
しっかもそれのメインは、人間…魔法士の脳だって
で、一高が勝ったので、話は終わりv
あら、生徒会長さん、十師族から通達来たよvってvつまりは強さを求めているとさ
十文字さんソンでがんばるとv
達也はファランクス見て、もっと恐ろしい者ではとさv
で、とりあえず、表彰v
そして夜のパーティv
制服で踊っていますよv
あ、そこでいちじょうまさきと会話vそしてそこで、今更ながらに兄妹とわかったらしいv
ンで、一応、深雪ちゃん、いちじょうと踊ることにv
達也は、ほのかちゃんとv
エリカの助け船でv
雫とも他のともvあ、生徒会長ともv
深雪ちゃんはそれが気になるらしいv
デ、達也は十文字と会話vそこでじゅっしぞくのいちいんだなと
違うといい、
じゅっしぞくになるべきだと
それにさえぐさはどうだとかv
いちじょうまさきに勝ったことは重いぞとv
デ、最後は…パーティの様子で
達也は、外で深雪ちゃんとダンスv

   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:1 | ∧top | under∨
<<きてますねぇ | 月読みの森 | 黒執事Book of Circus4話 その執事、同僚>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

【Amazon.co.jp限定】魔法科高校の劣等生 入学編 3(完全生産限定版)(オリジナルステッカーver.3付き) [Blu-ray](2014/09/24)中村悠一、早見沙織 他商品詳細を見る 小野遥先生の諜報活動により、国際犯罪シンジケート・無頭竜の 拠点を知った司波達也。 司波深雪を狙った代償は、高かった。 そう、拠点を叩く。 あっさり... …
∧top | under∨
| 月読みの森 |