月読みの森

魔法科高校の劣等生22話

レリックについて、師匠から忠告v
もひとつ、v包囲を見失わないようにってさv
で、帰り、仮名?
どっかへ行くとき、尾行がついているらしいvので、巻くことにして、四つ葉の会社に行きました
したらば、ハッキングされている最中だったとv
でも目的がはっきりしないと
したらば、さっきの烏がいて、つぶしましたv
で、本部では………いろいろと考えているのねv
で、達也はどこに預けるのでしょうか
で、小娘をころせってさ
あ、突然しばくん家ですと
平川産から妹さんの発信ログをって
で、おにーさまはロボ研でデバック作業v
あら、ぴくしーさんがいてましてサスペンドモードで待機だって
んで、催眠ガスを強制排除して…敵を迎え撃つとv
千代田さんが来ましたねv
関本君…逮捕されましたv
で、立川病院ではまりさんとしゅうくんのデートvペアルックでv
で、そこにさっきのとらさん来たのですが軍師様がベルを鳴らして教えてますねv
んでお二人さんが迎え撃ち、……でも逃げられましたv
で、達也さんは…藤林さんに連絡、同乗の千葉兄に協力を要請v
24日、達也君は関本さんに面会を申し込むが…委員長により却下v
うんトラブルメーカー達也に、仕事を増やされるのが嫌だからとさv
で、それに言い返せない達也に、真理さんと生徒会長と一緒に行くことにv
んでそのすきにちょうさんがちあきさんのとこへ来て、記憶を消す??????
まりさんたちは…臭いを使って、事情聴取v
あら、レリックのことも言ってるよv
そこに非常ベルで、…虎が来たv
まりさんがんばり…まゆみもがんばり…達也が動きを止めて…なんとか逮捕v
藤林さんのほうも、ちぇんさん以外は捕らえたらしい
そんで向こうにねたが漏れたのは、軍の経理データかららしい
それに疲れたのでしょう
達也君転た寝して…そこへ深雪さんがきて…キスしようとv
それにきゃんと言ってたら、達也が様子を見ていたと勘違いしたのか………ちょっと言い訳しに来てv
ベッドの上、下着姿で身悶える深雪ちゃんがいたよv
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<金田一少年の事件簿R 剣持警部の殺人 ファイル4 | 月読みの森 | 黒執事Book of Circus8話 その執事、嘲笑>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |