月読みの森

七つの大罪 3話

おv騎士さん、ちっさいころにお父さんが殺されている?
で、そのえりちゃんは…森へと来ました
霧でいっぱいv
あらん…めりちゃん…ぱんつとった?
したらば……幻影?まずは豚で、次はエリザベスちゃんv
したらば、声が?
メリちゃん?
あ、いたずらっ子ですとかv
逃げ出す先に寝ている女の子とかv
ディアンヌ様とかv
デ、…七つの大罪ですとかv
………嫉妬の罪、ね
ディアンヌちゃん、メリちゃん好きなのねv
つか、あれだけ殴られて、たんこぶですむなんて頑丈ねぇv
…あやかしさん、ちょっと嬉しいとかv
そこで、雨雲?雷雲?が落ちたら、体が束縛されたと
したらば、そこにおにーちゃんがv
姫様との知り合い…らしいvメリちゃんもしってるらしいv
前の騎士団長の息子だってv
彼は…復讐と回路色理由合ってってさ
デモメリちゃん、当時のことは覚えてないと
なんか呼び出されたらしい…で、いったら、串刺しの聖騎士長の姿が
しかもその時に…言葉を聞いて、記憶がなくなったのだと
でもGIRUさんには関係ないと
しかもエリザベス産にもって
デ、豚蹴って、エリザベスさんを遠ざける
でもメリさんは余裕
んで戦闘開始v
互角?
だけど、斬り殺し、た?

ではない?
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<甘城ブリリアントパーク 2話 | 月読みの森 | まじっく快斗1412 第3話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |