月読みの森

甘城ブリリアントパーク 4話

姫様…倒れたとの報で駆けつけたv
デ、姫は体が弱いので、球にこういうことがあるらしいv
……とりあえず、……やる気になったらしい
ので…すが
いろいろと問題が在るらしい
でもそれ、代行がさくさくさくっと手直しして行きますとv
それに、せんとさん不機嫌だねv
デ、書類仕事してるだいこうさんのとこへ妖精さん達が訴えにv
見て貰いにいったら…せんとさんが…傍若無人ぶりを発揮中
……で、円滑にしろと、妥協しろとかいろいろいろv
言われて…どうすればいいと叫ぶ?
代行さんは…姫とデートv
…って、台高さんは、高所恐怖症ですかな
で、二人のヒミツと言うことでv
んで、そこで、前にあったことはないかと聞きますが……v記憶にないっとv
せんとさんは気まずいのかな
でも…なんか排水設備いかれてるらしい
昨日のあれだとか
でもこれ、せんとさんが指示して…あっとゆー間に動き出すと
それ見て代行も動くv
デ、雨があかったら、設備も復旧とか
で、褒められて………
心情を吐露
なんと軍人だったらしい
でも…向いてなかったらしいv
挫折だったらしいv
そこで代行さん、高所恐怖症を暴露してますね
そんで気にするなと言いたいらしいv
んで外に出たらありがとうってさv
言われてせんとちゃんにっこり?


   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<ログ・ホライズン2 第5話 | 月読みの森 | 七つの大罪 5話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |