月読みの森

まじっく快斗1412 第7話

仕事仕事…vなかいとさんですがねんv
あ、しっかりと顔をてらされて、…逃げてますねv
中森警部さん何かに気づいたなv
んで…かいとくんの顔をじーーーーーーーーーーーっと見ていますよv
んで、とりあえず帰るのだが、あおこちゃんに怪盗キッドだと言ってますよv
でもあおこは違うよっとv
んでついに言っちゃったけど…ねvデートだと
で、翌日、デートのお誘いv今度の日曜、トロピカルランドってさv
あれ?あおこちゃん?
んで、かいとくん、おじーちゃんに愚痴る愚痴るv
んでも、次は何とかするとv…か?
で、おとうさんは…追われる前に逃げるなってさv
一気に時は流れて、今度の日曜日
来てくれたかいとにあおこちゃんはにっこにこv
なのだが、自然な姿を見たいから、…意地悪?してる?
で、映画?の時、手錠をして…でもバルーンで人形作って抜け出しますv
でも……中森警部…箱に隠れていて、正体を見ようとするけど
あおこちゃんに化けて……何とか乗り切るv
が、時間がv
デ、何とか行くのだがv
時間的に無理だけど、ドラゴンコースターでいこうとしますねv
……ぎゃぐっていますよ、かいとくんv
そして空を飛んで、なんとか席にv
で、青子と一緒に中森会見を見るねv
デ、最後はアイスを食べながら花火見物だね

んで最後はおかーさまにからかわれておっしまいかなv
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<七つの大罪 7話 | 月読みの森 | ワールドトリガー5話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |